我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

喜佐波神社・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

遠景
写友さんから7/30に坂出市王越の喜佐波(きさわ)神社への撮影を誘われました・・・
何でもカンカン石の石垣が有ると言うので、それは珍しいと行って見る事にしました・・・
まぁ~単なる野次馬根性なんでしょうが・・・
カンカン石はサヌカイトとか讃岐石とか言われている石で非常に緻密な古銅輝石安山岩だそうです・・・
固いもので叩くと高く澄んだ音がするので、カンカン石とも呼ばれています・・・(Wikiより)
カンカン石は坂出市国分台周辺で沢山産出されますが、良い音がする石は少ないそうです・・・
カンカン石を割ると非常に鋭利な割れ方をしますから古代にはナイフ代わりに使われたそうです・・・
県道16号線を大崎の鼻方面へ走り、乃生崎を過ぎて少し行くと王越山の綺麗な円錐形の山容が見えて、その麓に小さく社の鳥居と社殿らしき建物が見えて来ます・・・
ん~どうやらあそこが喜佐波神社の様ですねぇ~・・・
どうやらと言うのは、私の車のカーナビでは検索出来なかったからなんです・・・
グーグルマップではチャンと表示されるんですが、最近カーナビのマップ更新をサボって居ますからねぇ~・・・
でも数年前の地図データには無かった様ですから、余り有名な神社では無さそうですねぇ~・・・

参道
参道入り口は判り難くて何度が車を停めて確認しました・・・
誰かに聞こうにも人影が有りません・・・
やっと鳥居を手掛かりに参道に突入する事が出来ました・・・
この写真の手前に一の鳥居が有り、写真の鳥居は二の鳥居に成ります・・・
車が見えて居る所に駐車スペースが有ります・・・

石碑
石碑に刻まれた神社名で確かに此処が喜佐波神社だと分かりました・・・
この石碑は社号標と言うそうです・・・
でも案内標識一つありませんから、行く人は相当「感」を磨いてから行ってください・・・(笑

DSCN3997.jpg
社号標の横に拝殿への石段が有りますが、至って普通の石段で、勝手にカンカン石の階段を期待していた私は些か拍子抜けしてしまいました・・・
まぁ~個人の勝手な妄想で石垣から石段まですべてがカンカン石で出来て居ると思い込んでいました・・・(苦笑

随神門
石段の途中には神門があります・・・
神門両サイドには狛犬が居ました・・・

狛犬03
神門の両サイドの狛犬です・・・
何だか頭の毛が背後の沢山流れていて現代の狛犬より首が太く感じます・・・
今風の狛犬のスタイルより頭を下げている感じでしょうか???

本殿への石段
神門をくぐると拝殿への石段です・・・
相当急な石段ですが、一体カンカン石の石垣は何処に有るんでしょうかねぇ~・・・
まぁ~石垣が見えていますから石段を上がってみましょうか・・・
石垣が石段の左右に見えますが、あの石垣がそうなんでしょうか???
それとも拝殿とか本殿の下の石垣がカンカン石なんでしょうかねぇ~・・・
ん~色々妄想を膨らませながら石段を登っていきます・・・
しかし時代が変わればカンカン石の扱いも変わるもんなんですねぇ~・・・
古代なら鋭利なナイフとか矢尻とかに使われ、相当貴重な物だったんでしょうが・・・
金属が発見されてから、その立場を金属に譲り、使われる事なくひっそりと存在して居た物が石垣に使われると言うのはどんな事情からなんでしょうねぇ~???
硬い石ですから加工も大変だっただろうなぁ~と想像出来ます・・・
そんな事を思いながら石段を上がって行きましたが、続きは次回で・・・
スポンサーサイト

Comment

くぅ says... ""
カーナビより、スマホのGoogleマップの方が使いやすいですよね。
わたしはもっぱらこちらです。
かんかん石・・おもしろいね。
2017.08.03 14:38 | URL | #Dv6DZoa6 [edit]
@我楽多 says... "Re: くぅさん・・・"
> カーナビより、スマホのGoogleマップの方が使いやすいですよね。
マップデータが詳しいか、詳しくないかの違いでしょうねぇ~・・・
旧いデータは余り詳しくは無いようです・・・

> わたしはもっぱらこちらです。
私もカーナビの補完でグーグルマップを使って居ます・・・
山の中などはグーグルマップで助かる事も有りますし・・・

> かんかん石・・おもしろいね。
今はドアベルや石琴など音が出る物が主流ですが、古代は鋭利さから矢尻やナイフなどに使われた様です・・・
でも少し前はこんな使われ方をしていたんですねぇ~・・・
石の扱いが時代で変わるのが面白いですねぇ~・・・
2017.08.03 18:15 | URL | #kTvoSsVA [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://garakutaphoto.blog48.fc2.com/tb.php/1476-d30fe141