我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

喜佐波神社・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

遠景
写友さんから7/30に坂出市王越の喜佐波(きさわ)神社への撮影を誘われました・・・
何でもカンカン石の石垣が有ると言うので、それは珍しいと行って見る事にしました・・・
まぁ~単なる野次馬根性なんでしょうが・・・
カンカン石はサヌカイトとか讃岐石とか言われている石で非常に緻密な古銅輝石安山岩だそうです・・・
固いもので叩くと高く澄んだ音がするので、カンカン石とも呼ばれています・・・(Wikiより)
カンカン石は坂出市国分台周辺で沢山産出されますが、良い音がする石は少ないそうです・・・
カンカン石を割ると非常に鋭利な割れ方をしますから古代にはナイフ代わりに使われたそうです・・・
県道16号線を大崎の鼻方面へ走り、乃生崎を過ぎて少し行くと王越山の綺麗な円錐形の山容が見えて、その麓に小さく社の鳥居と社殿らしき建物が見えて来ます・・・
ん~どうやらあそこが喜佐波神社の様ですねぇ~・・・
どうやらと言うのは、私の車のカーナビでは検索出来なかったからなんです・・・
グーグルマップではチャンと表示されるんですが、最近カーナビのマップ更新をサボって居ますからねぇ~・・・
でも数年前の地図データには無かった様ですから、余り有名な神社では無さそうですねぇ~・・・

スポンサーサイト