我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

次期FX機導入!!!・・・しょの4

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

9~18mm F4,0-5,6到着
さてさて・・・
私がデジ一デビューしたお祝いと父の日のプレゼントとして、カミさんと息子がプレゼントしてくれたM.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6が到着しました・・・
PROレンズでもPREMIUMレンズでも有りませんが、とりあえず安い広角ズームか広角単焦点レンズが欲しかったので色々探してみましたが、PROレンズには広角はフィッシュアイしか有りませんしM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROには予算的に厳しいので手が出ません・・・
PREMIUMレンズには12ミリ(35ミリ換算24ミリ)から長い焦点距離のレンズばかりでした・・・
パナ7-14mmだと1.5倍ほどに価格がアップしますし、M.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROは倍に成っちゃいます・・・
とりあえずファインディテール処理をしてくれるズイコーレンズにしたかったので M.ZUIKOレンズから9-18mm F4.0-5.6を選びました・・・
ノーパソで色々検索していると、息子がカミさんとが相談してプレゼントしてくれる事に成りました・・・
何しろこのレンズは、希望価格61000円強ですがアマゾンでは50000円を切って売られています・・・
実売価格はM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROの半額以下です・・・
その上、一度開封しただけの中古品扱いをゲットできましたので、さらに安く成りました・・・
でもスタンダードのM.ZUIKOレンズと言ってもデジタル専用設計ですから悪かろうはずは有りません・・・
ネットで実写の画像を見ても、広角の欠点となる画面端の像の流れやボケも無いようですし・・・
まぁ~歪曲収差は多少有るようですが、意識して見ないと判らないレベルだと思いますので値段相応ということで妥協しないと・・・
後でM.ZUIKO DIGITAL ED 7-14mm F2.8 PROを買ったとしても、フィルターワークが必要になれば 9-18mm F4.0-5.6も出番が有りますから無駄には成らないと思います・・・
プレゼントしてくれたカミさんと息子に感謝です!!!
まぁ~探したのは私なんですが・・・

スポンサーサイト

6月2回目のレッスン・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

16’サマーカット
5月から暑い日が続いて居て、さらに梅雨入りして雨が多くなったからでしょうか?チャイのハァ~ハァ~が多くなりました・・・
矢張り汗腺が無いので体に熱が籠るようですねぇ~・・・
なので早速ペット屋さんから来たトリミング割引券の期限が来る前にサマーカットをすることにしました・・・
例年サマーカットをお願いしていますから、チャイのカルテが有って一々カットの仕方を指定しなくても例年通りカットをして呉れるので便利です・・・
矢張りサマーカットをする人が多いのか中々予約が取れませんでしたが、やっと予約が取れてチャイを連れて行く事が出来ました・・・
カット&シャンプーとサービスの肛門腺絞りをお願いしました・・・
帰ってきたチャイはサッパリした様子で良い香りがしています・・・
毛も短くてサラサラに成って見慣れた夏姿のチャイに成りました・・・
毛をカットすると矢張り涼しく感じるのか、以前は廊下の上や玄関の土間で涼んでいましたが、リビングや茶の間を走り回っています・・・
そんなこんなでチャイのサマーカットのお付き合いでピアノの練習が出来ませんでしたが、レッスンへ行ってきました・・・

次期FX機導入!!!・・・しょの3

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

G15との比較
コンデジのキャノンG15と比較してみました・・・
ボディだけに限れば、倍ほど大きいだけの様な感じですが、流石にレンズが引っ込みませんから、その分大きく感じますねぇ~・・・
重さはG15の4倍くらいでしょうか???
レンズが相当大きいし重いので、レンズを外せばG15の倍くらいに成るでしょうか???
デジ一はミラーレスにすると、ボディは此処まで小型・軽量化できるんですねぇ~!!!
そして光学機械のカメラを電化するとこんなに成ると言う一つの見本みたいな物ですねぇ~・・・
これからドンドン電化が進歩すると、この大きさでフルサイズって言うカメラが出て来そうな感じです・・・
まぁ~それよりノイズの減少が先かもしれませんが・・・
フイルムカメラとデジタルカメラの一番の差といえばノイズが出るか出ないかの差でしょうから・・・
撮影していて一番頭を悩ますのがノイズの問題です・・・
高感度にしても長秒時撮影にしても必ずノイズが付いて回りますからねぇ~・・・
ノイズは画質低下の一番厄介な存在です・・・
まぁ~それを解消するのも時間の問題かも知れませんが・・・
その上、EVFも真っ暗闇でも明るく見せてくれてMF出来たり、AFが出来たりするように成るかも知れませんねぇ~・・・
ん~将来が楽しみなカメラです・・・

次期FX機導入!!!・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

レンズ
さてさて、お待ちかねのズイコー12-40mm/2.8PROです・・・
このPROレンズ群が有るからオリンパスに決めたようなものですからねぇ~・・・
オリンパスを使っている写友によると「開放からキリッと締まった絵が撮れる」と言う事ですから試写が楽しみです・・・
しかもこのレンズは、防塵・防滴の上最短20センチまで寄る事が出来、0.6倍の簡易マクロとしても使えます・・・
逆光耐性も相当良いらしく写友によれば「太陽を直接入れてもゴーストやフレアは少ない」そうです・・・
AFからMFへの切り替えもピントリングを手前に引くとAFからMFに切り替えられますから、ピントを追い込む時には便利だそうですし・・・
まぁ~フルサイズを除けば、ズーム全域2.8通しのレンズなんて余り有りませんし、その上マイクロフォーサーズのズイコーレンズ群はデジタル専用設計になっていますからデジ一で使うには最適な性能が期待できます・・・
矢張りカメラはフイルムだろうがデジだろうが、良いレンズが揃って居ないとシステム的に成り立ちませんねぇ~・・・
その点、マイクロフォーサーズはオリンパスとパナソニックのレンズが使えますから、他のカメラのようにレンズ選びで苦労する事は余り無いと思います・・・
しかしズイコー12-40mm/2.8PROは35ミリ換算24-80mmですから、私の使い方だと広角側が少し足りません・・・
へそくりが残り少ないのですが、安い広角ズームか明るい広角単焦点が1本欲しく成りますねぇ~・・・

次期FX機導入!!!・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

外箱
次期FX機を決定するのに、フジフイルムのX-T1にするか?それともオリンパスのOM-D e-M1にするか、3ヶ月待ってOM-D e-M1マークⅡにするのか散々迷いましたが、現在発売中のオリンパスのOM-D e-M1に決定しました!!!
決定的だったのはフジフイルムのX-T1の操作感が遅くて悪い事でした・・・
ボタンや十字キー等が押しにくいし、ダイヤルも使いやすいとは言えませんでした・・・
その上フジフイルム機は、最近結構故障が多い事も有って耐久性が心配でした・・・
その点、オリンパスOM-D e-M1は写友も使っていて、もう2年間何のトラブルも無いそうですし・・・
3ヶ月待ってマークⅡが出るのを待つことも考えましたが、高く成ると手が出ませんし、カメラに慣れて置く必要も有って安くなっている現行のOM-D e-M1にしました・・・
e-M5やe-M10も考えましたが、e-M5もe-M10もハイレゾショットが有るけど位相差AFが無いし、e-M10は防塵・防滴でも有りません・・・
なので今回はパスしました・・・
そこで、あちらこちら値段が安い所をネットで探しましたが、信用できてトラブルが有っても対応してくれる所と成ると、写友の勧めも有り、カメラを触らせてくれた某Kムラで購入する事にしました・・・
ネット最安値より少し高かったんですが、安心感と下取りと言いますかカメラの買取もお願い出来ましたから決定しました・・・
そうなんです!ついにライカⅢfとレンズ群&アクセサリー類をドナドナして資金を捻出しました・・・
ライカをドナドナするのは忍びなかったんですが、最近は余り使っていませんでしたし、何よりそろそろメンテナンスをしないといけない時期が来ましたが、近くにメンテナンスをしてくれるカメラ屋さんが無いのが悩みの種でした・・・
なのでこの際、手放す事にしました・・・
フイルムカメラもメンテナンス代が高くなってきましたからねぇ~・・・
まぁ~お陰で購入資金の相当部分を賄う事が出来ました・・・
本体以外にプロテクトフィルターとかレリーズとか予備電池とかが必要に成りますから、その分も見込んで置かないといけませんし・・・
此れでようやく私もデジ一デビューと言う訳です・・・

次期FXカメラを触ってきました・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

ホタル11
えぇ~ホタル撮影でフイルム機の利点と欠点を痛感しました・・・
1週間通って写しても、撮れたコマ数は僅かに7コマしか使っていません・・・
1日1コマでは、24枚撮りを消費するのに1ヶ月近く掛かりますねぇ~・・・
今まではフイルム機をメイン機材にして、コンデジでデジタル写真を勉強していました・・・
と言いますのもデジタル画像は、余りにもフイルムの画像とは違いますからねぇ~・・・
でもコンデジではマニュアルでは撮れませんから、そろそろデジ一を導入したいと思い、色々カタログを貰って来たり、デジタルを使っている写友に聞いたりして研究していました・・・
で、機材の小型・軽量化も目論んで、ミラーレス機に目標を定めて探してみました・・・
私も歳を取って、今のNikonF5やペンタックス645Nでは重い上にフィールドで使うには少々大きくて重すぎます・・・
これをミラーレスにすることで小型軽量化してフットワークを軽くしようと目論んでいます・・・
カメラが小型に成るとレンズや三脚なども小型に成って、撮影機材全体では相当小型軽量化が達成できそうです・・・
まぁ~カメラ本体やレンズなども安価に成りますし、フィルター等の周辺アクセサリーなども安価に成ります・・・
この点を重点にして選んで居ましたが、如何せんカタログでは大きさや重さが実感できません・・・
その上、ダイヤルやボタンの操作具合などもカタログでは判りません・・・
特に手が普通の男性と比べて小さいので、カタログでは指が届いていても私の指が届くとは限りませんし・・・
そこで某Kムラへ行って実機を触ってきました・・・

次期FXカメラを考えてみました・・・Olympus編

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

カタログ表紙
選んだカメラの中では一番撮像素子が小さいマイクロフォーサーズのオリンパスOM-D e-M1です・・・
マイクロフォーサーズの中では一番定評が有りますねぇ~・・・
撮像素子は1628万の Live MOSセンサーです・・・
フルサイズの半分の面積で16MPと言えば、D810と同じピッチに成りますねぇ~・・・
D800を使っている写友が手振れを頻発して困って居ましたが、OM-Dには手ブレ補正が付いていますから大丈夫でしょう・・・
実は昔、登山でOM-1を使っている友人が居て、小型で軽量なカメラが羨ましかった記憶が有ります・・・
時々借りて使わせてもらいましたが、ズイコーレンズは切れが良くて良い描写をしていた記憶が有ります・・・
Nikonと余り描写が変わらない傾向でしたから、違和感が無かったのかもしれませんが・・・
まぁ~讃岐が生んだ米谷さんの設計ですから、余計記憶に残ったのかもしれませんが・・・
で、小型軽量のデジ一を選ぶ際にも候補に入れてみました・・・
何と言ってもミラーレスに成るとミラーボックスなどが有りませんからミラーショックが有りませんし、小型軽量化出来るのが最大の利点でしょうねぇ~・・・
まぁ~オリンパスの謳い文句では「一眼レフを超えるミラーレスと、新しい世界へ」と言っています・・・
まぁ~Eシリーズのフォーサーズ規格を捨ててマイクロフォーサーズに統一しちゃった位ですから、オリンパスの本気度が判ります・・・
ミラーレスはSONYや富士フイルム、パナソニックに加えてNikonやCanonも出して居ますから、電池持ちの問題が解決されたら相当数のカメラがミラーレスに成ってくるでしょうねぇ~・・・
まぁ~OVFの一眼レフが無く成ることは無いでしょうが、高級機に限定されるように成るかもですねぇ~・・・
何と言っても動体を写すならOVF一択でしょうし・・・
でも私は風景主体ですから、EVFでも困る事は少ないと思います・・・
まぁ~APS-CのフジのX-T1が畳1畳位に伸ばせるなら、マイクロフォーサーズでも全紙に伸ばす位なら支障が無いだろうと言う素人考えでも有りますが・・・

6月始めてのピアノレッスン・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

梅雨
入梅して余り雨が続かなかったんですが、最近やっと雨模様に成ってきたようです・・・
梅雨空の下、お百姓さんは田圃に水を入れて晩生米のために田圃の仕付けに精を出しています・・・
もう2~3日もすれば田植えが始まりますねぇ~・・・
そろそろ紫陽花も咲き始めていますが、蛍は此れでシーズンが終わりなのかな???
ホタル撮影は、1日に1カットしか撮影が出来ません・・・
ISO400のネガフイルム24枚撮りを入れて4~5日ホタル撮影しても使っているコマは4~5コマしか使っていません・・・
勿体無いんですが、19枚ほどは捨てて現像に出しました・・・
毎日仕事が終わると一旦帰宅して撮影用意をしてから家を出てホタル撮影に行っていますが、何ともフイルムは効率が悪いですねぇ~・・・
デジタルならこんな無駄はしなくて済みますから、次期FX機を選考している理由の一つでも有ります・・・
フイルムの現像代も結構高く成っていますからねぇ~・・・
コンデジでは精密なMFが出来ませんから、ピントが甘くなって写真に成りませんねぇ~・・・
そんな毎日なのでピアノの練習が殆ど出来ません・・・
ホタルはシーズン物なので、機会を逃すと撮る事は出来ませんからどうしてもホタル優先に成ってしまいます・・・
練習不足ですが、レッスンへ行ってきました・・・

次期FXカメラを考えてみました・・・FUJIFILM編

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

カタログ表紙
少し撮像素子は、フルサイズより小さく成りますが、富士フィルムのXーT1です・・・
2M前後の画素数を持ったカメラで定評が有るカメラって少ないんですねぇ~・・・
更に小型・軽量と成るとミラーレスに成ってしまいます・・・
富士フイルムは、昔からフジノンと言う4x5や中版で使うレンズを出していて、発色には定評があって私も好きなレンズです・・・
富士フイルムのFINEPIX F770と言うコンデジを愛用していますし・・・
その富士フイルムは、コンデジ以外でもAPS-Cなどのハイブリッドファインダーを持ったレンジファインダー風のデジ一を出してきました・・・
そんな中で、新しくEVFを持った一眼レフ風のAPS-Cのミラーレスデジ一を出してきました・・・
新しいデジ一は、ダイヤルも多くて直感的に使えそうで、好感が持てます・・・
富士フイルムのデジカメは、フイルムメーカーだけあって、発色には定評が有りますねぇ~・・・
そんな富士フイルムが出してきたX-T1は、中々使い易そうで良さそうなカメラですねぇ~・・・

次期FXカメラを考えてみました・・・SONY編

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

カタログ表紙
さてさてDfの比較で出てきたSONYα7Ⅱです・・・
フルサイズの撮像素子でミラーレスに成っています・・・
ミラーレスなのでミラーの作動に伴う振動が無くてブレ難くて小型軽量なのが利点ですが、撮影を背面液晶やEVFを見ながら行うので電池を喰うのが欠点ですねぇ~・・・
矢張りデビューが新しいだけに性能は最新ですねぇ~・・・
しかもボディ内手振れ防止が付いていて、手振れ対応で無いレンズでも手振れ防止が効くのは魅力的です・・・
手触れれ防止が付いたレンズは高価に成りますからボディ内手振れ防止が良いですねぇ~・・・
でもα7Ⅱにも素のα7ⅡとR、Sの3種類が有る様ですねぇ~・・・
α7SⅡはISO最高感度102400ですし、α7RⅡは撮像画素数が約4240万も有ります・・・
素のα7ⅡはISO最高感度は25600とα7RⅡと同じで、撮像画素数はα7SⅡの約1220万より多い約2430万です・・・
矢張りISO最高感度を上げると撮像素子の画素ピッチを広げざるを得ない様ですねぇ~・・・

次期FXカメラを考えてみましたNIKON編・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

マツバウンラン05
今年もマツバウンランが咲き始めました・・・
此の花は、小さいのに存在感がありますねぇ~・・・
しかし、コンデジでは十分に絞り込めませんから被写界深度が浅くて花の全てにピントが来ません・・・
もう少し被写界深度が欲しい所ですが、コンデジでは此れが精一杯です・・・
まぁ~絞り込めばシャッター速度が落ちますから三脚が無いと無理でしょうが・・・
でもこう言う花を撮っているとデジ一が欲しくなってきますねぇ~・・・
コンデジはお散歩カメラとしては小型で軽いので持ち出しやすいんですが、デジ一と成るとそうは行かなく成るでしょうねぇ~・・・
最低マクロと標準ズームくらいは必要でしょうし・・・
その上、三脚まで持って出ると成ると、気軽にお散歩とは行かなく成りそうで、本気モードで行く事に成りそうですねぇ~・・・(笑
まぁ~コンデジにはコンデジの良さが、デジ一にはデジ一の良さが有りますから、両方を欲しがっても無い物ねだりに成りそうです・・・
そんな事も考えながら、次期FXカメラ選びをしています・・・

次期FXカメラを考えてみましたNIKON編・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

昨日はFC2のサーバーエラーの為、コメントの返信やカキコが全く出来ませんでした・・・m(_ _)m

カタログ表紙
フイルムを全紙のクリスタルやグロッシーで焼きに出しましたが、印画紙に焼こうとするとダイレクトプリントが出来ずに一旦デジタルスキャンしないと焼けません・・・
デジタルスキャンするとフイルムの諧調が出てきません・・・
ハイライト寄りの諧調かダークサイド寄りの諧調のどちらかを捨てないとスキャン出来ません・・・
諧調がそれ程広くないならそれでも良いんですが、諧調が広いとどちらを捨てるか悩んでしまいます・・・
と言う訳で、そろそろデジタルカメラを導入するべき時期なのかもしれません・・・
フイルムの種類も相当減りましたし、買う場合も数本単位でないと買えません・・・
特に120や220のフイルムが何時まで販売してくれるのか、不安があります・・・
富士フイルムも中版フイルムカメラのGF670 を売り出して居ますし、NIKONも未だF6やFM10を販売しています・・・
ライカはM型を販売していますし、八ッセルも503Cwなどを販売しています・・・
デジタルカメラを始めてからフイルムカメラを始めた方も居ますし・・・
でも大伸ばしを前提にすると矢張り不便ですねぇ~・・・
そろそろデジ一を買う用意でも始めましょうか・・・
と言う事で、カメラ屋さんへ出かけてカタログを貰ってきました・・・

カタクリを撮りに行ってきました・・・

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

高越山
5月なのにカタクリが咲いている所が有ると言う情報を頂き、早速撮りに行ってきました・・・
此処は徳島県の高越山です・・・
車では此の付近までしか行けませんので、後は機材を担いで徒歩に成ります・・・
いやぁ~久しぶりで機材を担いで藪コギをするのは久しぶりですから、息切れや汗が凄い事に・・・
普段の運動不足が祟って居ますねぇ~・・・
でも普段はデスクワークが殆どですからねぇ~・・・
出来るだけ歩きたいと思いますが時間が有りません・・・
少し時間が出来たらピアノの練習ですし、半日以上時間が空けばカメラを持って写真を撮りに出かけています・・・
シーズン以外は、写真に成りそうなところをロケしたりして情報収集しておかないと・・・
今回も船窪のオンツツジの情報を聞く為に徳島の写友に電話して初めて知ったわけです・・・
持つものは写友ですねぇ~・・・
でも普通カタクリって桜が咲く前に咲くんですが、桜の花はとっくに散って葉桜に成ってしまった今頃に咲いているものなんでしょうか???
って言う半信半疑で車を走らせました・・・