我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

家族旅行で愛媛へ・・・しょの11

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

朝食
シーパMAKOTOでの朝がやってきました・・・
実は海を写すために朝早く起きたので、海辺の散歩もしたかったんですが、靴箱のキーをフロントに預けていますが、朝早いのでフロントには誰も居ないし、共用の履物も無くて外へ出られませんでした・・・
まぁ~こんなに朝早く外へ出る宿泊客も居ないでしょうから、フロントに誰も居ないわけなんでしょうが・・・
仕方が無く、部屋の風呂で朝風呂を浴びて、食堂の外のテラスへ出て海を眺めるしか手が有りませんでしたが、何とも海風が気持ち良く朝風呂で火照った体を覚まして呉れました・・・
やっと時間が来て朝食に成りましたが、暖かいのはご飯と味噌汁くらいでした・・・
まぁ~昨日の事で期待はしていませんでしたが・・・
ラップが掛かっている小鉢は、昨夜の小鉢の残りなんでしょうねぇ~・・・
冷蔵庫に入っていて、2鉢まで選べるそうです・・・
ん~折角良い温泉が有るのに食事がこれでは勿体無い話しだなぁ~と思います・・・
でも、日常利用するのが地元の人がメインなんでしょうから、これが一番お客さんに受けるんでしょうねぇ~・・・
旅行者なんて利用者のどれほどに成るのか判りませんが、もっと宿泊者を増やす工夫が有る様にも思いますが・・・
まぁ~立地が松山ー高松の主要道路の桜千里から離れて居ますから、宿泊者も地元の人かお遍路さん位に限られてしまうんでしょうねぇ~・・・

スポンサーサイト

家族旅行で愛媛へ・・・しょの10

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

1階食堂
さてさて・・・
楽しみにしていた「紫苑」での夕食は出来ずに、食堂でビールセットを頼むことにしました・・・
湯上りなので、未だに体が火照っていて此処は矢張りビールでしょ!!!と言う訳です・・・
お風呂だけのお客さんは、車で来て居るのか食事だけの方が多いようです・・・
家族連れで来て居るお父さんは、ビールセットを頼んで居ましたが、奥さん辺りが運転して帰るんでしょうねぇ~・・・
飲酒運転は出来ませんからねぇ~・・・
矢張りその辺があって「紫苑」が閉鎖になったんでしょうか???
お客さんの内、お酒を頼む人は、ほんの一握りですからねぇ~・・・
しかも此処は港町ですから、海鮮なんて日常の食事で食べ飽きているんでしょうか???
頼んでいる食事は、カレーや唐揚げ定食、豚生姜焼き定食などが多かったようです・・・
魚のお造りくらいなら漁師の奥さんならお手のものでしょうし、焼魚や魚の煮付けなども日常料理でできるでしょうから、こう言う肉料理がご馳走に成るんでしょうかねぇ~・・・???
いずれにしても料理人のスキルの問題では無い様ですねぇ~・・・

家族旅行で愛媛へ・・・しょの9

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

えぇ~、本日は第4月曜日なのでピアノレッスンの記事を載せる予定でしたが、先生のご都合で来週土曜日に変更に成りましたから、家族旅行の記事でも・・・m(_ _)m

シーパ露天風呂
口コミでも紹介されて居ましたが、シーパMAKOTOの温泉は良いお湯でした!!!
此処に泊まった皆さんが絶賛していましたからねぇ~・・・
しかも格安で泊まれるのに露天風呂まで入れますし、その景色の良さも見所ですねぇ~・・・
いやぁ~久しぶりに良い温泉を堪能しました・・・
泉質が良いのか、寒い外へ出てもそれほど寒く感じません・・・
むしろ風が気持ち良い感じです・・・
これで雲が取れて夕日が眺められると最高の露天風呂になりますねぇ~・・・
当然カメラを持ってお風呂には入れませんので↑の画像は、ネットで探したフリー画像ですが・・・
しかし、此処に着いた時、外観が皆さんが投稿している外観とは全く違うので戸惑いましたが、どうやら皆さんが投稿した画像は、シーパMAKOTOの浴室部分を東側から撮った画像で、玄関側とは違うので行かれる方はお間違いの無い様に・・・

家族旅行で愛媛へ・・・しょの8

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

松山城天主02
松山城天主に入って、結構昔とは違った展示が沢山有って、随分と楽しい時間を過ごさせていただきました・・・
特に前回の甲冑の試着や刀剣の重さ体験は面白い体験でした!!!
その他にも、普通に狭間や石落としを見たり、広間に円座が置かれて居てビデオでお城の歴史や四季の風景を見せる展示も楽しみました・・・
いやぁ~お城は、そのお城独特の見所が有って結構感心しながら見せていただきました・・・
流石に「行ってよかった!日本の城ランキング2015」で第4位に成ったことは有ります!!!
しかし、天主は再建では無く、現存の天主ですが、その他の櫓や門なども木造で復元されていて、とても復元された櫓や門とは思えないほどの出来でした・・・
玉藻城も早く木造で復元してくれないかなぁ~・・・
でも、お城の観光を支えるのは矢張り人間に力でしょうねぇ~・・・

家族旅行で愛媛へ・・・しょの7

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

玄関
いよいよ天主に入ろうとして、天主入り口の左側にこんな入り口が有るのに気が付きました・・・
どうやら此処が玄関の様で、城主や勅使など特別な人しか利用できなかったようです・・・
一般の武士は、矢張り石垣に開けられた天主入り口の方から出入りしていた様ですねぇ~・・・
ん~お城が大きく成ると天主には、こんな玄関まで有るんですねぇ~・・・
宇和島城ではこんな玄関は有りませんでしたし・・・
しかし、今まで通ってきた門やこの玄関なども再建されたものなんです・・・
松山城は、結構火災に遭っていて、明治3年には三の丸、明治4年には二の丸が失火で焼失・・・
更には、昭和8年に松山城放火事件により大天守を除く本壇の現存建築を焼失、昭和20年には松山空襲で天神櫓など11棟が焼失、昭和24年には放火により筒井門とその東続櫓、西続櫓の3棟を焼失したそうです・・・
昭和43年に焼失した本壇の建造物群を木造により復元されましたが、二の丸などの本壇以外は復元されませんでした・・・
平成21年3月にはミシュランガイド(観光地日本編)で「2つ星」に選定されました・・・

家族旅行で愛媛へ・・・しょの6

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

松山城ロープウェイ乗り場
いやぁ~松山市は私が居た頃とはガラッと変わっていましました・・・
まぁ~10年一昔と言いますからねぇ~・・・
この松山城ロープウェイ乗り場も随分と立派に成っていました・・・
昔はもっと簡単な建物で、山にへばりついたような建物だった記憶が・・・
今ではエスカレーターが設置されていて、絣の矢絣着物に紺袴と言うマドンナを思い起こすような女性職員と白地の絣縞の袴と言う坊ちゃんを思い起こすような男性職員が応対してくれます・・・
職員の数も随分と多い気がします・・・
松山城も随分とサービスが良くなったものですねぇ~・・・
それともシルバーウィークの期間中だけ???
しかし流石にシルバーウィークです、お客さんで建物の中はごった返しています・・・
しかし何時の間にかロープウェイの横にリフトが併設されています・・・
どっちに乗っても料金は同じですが・・・

家族旅行で愛媛へ・・・しょの5

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

薬師谷渓谷看板
遊子水荷浦を出て、滑床へ行くには時間が足りないので近くの薬師谷渓谷へ行くことにしました・・・
国道56号線へ出て少し南下したら薬師谷入口交差点から川に沿って遡上します・・・
程なく夏には流しそうめんをしている小屋の傍の駐車場へつきます・・・
駐車場横にはこんな看板も出ていて、苔生した緑が良い感じです・・・
以前バイクで来た時は、流し素麺だけを頂いて、時間が無かったので遊歩道は歩きませんでした・・・
しかし、シルバーウィークだと言うのに全くひと気が無いのには驚きですねぇ~・・・
まぁ~紅葉には早いし、夏の暑い時期でも有りませんから来る人は少ないんでしょうが・・・
でもこれ程、市内から近い所に有るのに来る人が居ないのは勿体無い感じがします・・・
宇和島市観光協会の観光ガイドでは結構綺麗な渓谷の様なんですが・・・
早速案内標識に沿って、流しそうめんの小屋を回りこんで遊歩道へ踏み入れました・・・

家族旅行で愛媛へ・・・しょの4

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

ピアノレッスンの記事で家族旅行の記事が中断していましたが、家族旅行の記事を再開しましょうか・・・m(_ _)m

朝食
翌朝、何時もの通り早く起きてしまい、着替えて散歩にでも行こうかと思いましたが、街中なので港まで行くには車が必要ですが、車のキーは息子が持っていますし、こんなに朝早く起こすのも可哀想なので、用意してきたコーヒーを炒れてスマホでゲームをしながら飲んでいました・・・
しかし何時もの様に体を動かさないと何だかイライラしますねぇ~・・・
で、結局服に着替えて散歩に行こうとしたらカミさんが起きて来ました・・・
結局散歩には行けず、テレビを点けて天気予報やニュースを見ながらもう一杯コーヒーを炒れて飲む始末です・・・
今日は、早目に出たいので携帯で息子を起こして、余裕を持って荷物を纏めて忘れ物が無いか良く確認します・・・
やっと7時前に成りましたので朝食を取りに1階へ降りました・・・
朝食は、和食か洋食かをチェックインの時に聞かれますので、和食をお願いしておきました・・・
朝食はフロント横の喫茶みたいな所ですが、名物のジャコ天も付いていました・・・
矢張りその土地の名物を食べられるのは良いですねぇ~・・・
旅ではB&Bが一番安くて効率が良い泊まり方かも知れません・・・

10月始めてのレッスン・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

家族旅行の記事の途中ですが、ピアノレッスンへ行ってきましたので、途中で割り込みます・・・m(_ _)m

稲に雫
いやいや・・・
世間では3連休な訳なんですが、何故か娘が孫を連れて来ました・・・
恐らくですが、そろそろ新米が出来て居るだろうと思っての帰省でしょうが、今年は天候不順で晩生の稲刈りは遅れています・・・
一昨日から秋祭りが始まっていますが、例年なら秋祭り前に晩生の稲刈りが有るんですが、今年は秋祭り意向にずれ込んで仕舞いました・・・
矢張り夏の天候不順が晩生の稲に影響しているような・・・
今年の新米の味はどうなんでしょうかねぇ~???
コシヒカリなどの早生の新米は、それほど味が落ちては居ないと言う話ですが、晩生も味が良いと嬉しいんですが・・・
食欲の秋ですが、音楽の秋でも有りますから、この3連休はみっちりとピアノ練習しようと手ぐすね引いて居ましたが、孫が帰ってきたらそうも行きません・・・
てな訳で孫に振り回されて全く練習出来ずにレッスンへ行く羽目に・・・
ん~何だか毎回練習不足でレッスンへ行っているような・・・

家族旅行で愛媛へ・・・しょの3

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

長門丸跡
そろそろ日が傾き始めましたので、お城を後にしようと長門丸跡まで降りてきました「・・・
此処に宇和島城と掘られた石碑が有りましたので記念撮影をば・・・
右の陰に成った階段を登って左へ回り込む様に行くと本丸下に出ます・・・
しかし、宇和島はシルバーウィークでも混雑も渋滞も無く、伊達400年祭をしている割には静かな所ですねぇ~・・・
まぁ~お陰で、今日予定に無かった宇和島城の見学も出来ましたし・・・
宇和島城観光は明日の予定でしたが、これで明日は少し余裕が生まれるので、ゆっくり観光できるでしょう・・・
降りるのは上がってきた道とは違う急な下り道を選びました・・・
まぁ~降り付く先は同じ長屋門なんですが・・・
そうしないと車に行き着きませんし・・・

家族旅行で愛媛へ・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

宇和島城天主
いよいよ宇和島城天主へ入ります・・・
築城の天才と言われた藤堂高虎の作ったお城を、とくと拝見しましょうか・・・
お城は天主が全てみたいな事も言われて居ますが、天主はそのお城のシンボルみたいな点を指して言われているんだと思います・・・
本当は櫓とか二の丸とか全ての建物が揃っていた方が、お城の築城意図が良く判って良いんですが・・・
お城は、天主を囲うように作られている色んな塀や広場などと櫓や門などが組み合わさって敵を撃退するように設計されています・・・
攻めて来る敵を如何に撃退して防御するかと言う仕掛けが思いもかけずに面白いんですよねぇ~・・・
攻める側の心理を巧みに利用して、守りやすい場所に集めて殲滅するとか、勢い良く攻め込んでいくといきなり行き止まりに成ったり道が無くなってお堀に落ちるとか・・・
至る所に攻める敵を混乱させる罠が仕掛けられています・・・
また、軟弱な地盤だと重い石垣を築くための工夫だとか、何処にお城を築くかと言った思惑を読むのが面白いんですよねぇ~・・・ですから、お城は全ての施設が揃っていて初めて築城意図が判るんですが・・・
出来れば宇和島城も折角天主が残っているので、他の建物も是非復元してもらいたいものですねぇ~・・・
出来れば鉄筋コンクリートではなく、本来の構造で復元していただければ・・・
しかし、それも本来の状態の写真とか図面とかが無いと不可能なことだとは思いますが・・・
こう言う資料などは、散逸したり滅失しないよう早めに収集する必要が有りますが・・・

家族旅行で愛媛へ・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

沈下橋
シルバーウィークは大混雑だろうし、宿も取り難いので旅行は控えようかと言って居ましたが、息子が「四万十川を良く見たい」と言い出しました・・・
以前、「海遊館」へ行った時は、日帰りでしたからゆっくりと四万十川を見ることが出来なかったらしい・・・
日本で唯一ダムが無い川で、大蛇行をしていますし、河口ではシラスウナギの採取が有ったり、珍しいアカメと言う巨大魚が居たりと話題には事欠かない川です・・・
まぁ~キャンプ場も多いし、温泉も多いのでなんちゃって号で行こうかと話を進めて居ましたが、カミさんも行きたいと言い出しました・・・
3人ではなんちゃって号では寝られませんので、私はテントで寝る算段をして居ましたが、カミさんが「ホテルにしよう」と言い出しました・・・
幾らなんでも、シルバーウィークはもう1週間先ですから、ホテルなんて予約出来そうに有りませんが、一応ネットで見てみましたら、案の定どこも満室で予約不可能の状態でした・・・
そこで息子が一番宿泊が少なそうな宇和島市内のホテルへ片っ端から電話を入れ始めました・・・
すると何と10軒目位でで予約が出来ちゃいました・・・
ネットでは満室のビジネスホテルなんですが・・・(汗
しかし、混雑するだろうシルバーウィークでの旅程を考えると、もう1泊必要なんですが松山市内では全てのホテルが満室でした・・・
そこでネットで検索して「スパ・温泉」のジャンルで載って居た所が、どうも宿泊できるようでしたので駄目元で電話しますと、あっさりと宿泊予約が取れました・・・
まぁ~どのホテルもB&Bの安宿なんですが・・・
ん~こうなったらチャイのドッグホテルを予約しないといけませんが、これもスンナリ予約で来ちゃいました・・・
これは旅行に行けと言う啓示かと思い、家族で旅行に出かける事にしました・・・

彼岸花・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

稲穂と彼岸花
先日、高松市の南部を走っていましたら田圃にたわわに実った稲穂が風に揺られていました・・・
ふと畦道を見ますと彼岸花が咲いているのを見つけちゃいました・・・
仕事中ですが、一寸休憩と言うことで、持参のコンデジで写真を撮ってみました・・・
まぁ~コンデジ画質な上、彼岸花も少し終わりかけで一寸生気が有りませんが、ご勘弁を・・・
何しろ出会い頭な風景でしたので、彼岸花の状態も掴んでいませんでしたし・・・
偶々見つけた秋の風景ですから、勿体無いと思い何とか絵にしたいなぁ~と苦心して見ました・・・
こう言う時は、心の準備も何も有りませんし、仕事中の後ろめたさも有って中々集中できませんが・・・
まぁ~そう言う状態で撮りましたので、絵が今一なのは言い訳のしようが有りません・・・
その辺は割り引いていただいて、秋の景色だけ楽しんでいただければ・・・