我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

神在月だぁ~!出雲大社へ行こう!!!・・・しょの4

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

JR境港駅
出雲大社を後にして忙しくやってきましたのは、JR境港駅です・・・
私は余り興味はなかったんですが、息子がどうしても行きたいというので、やって来ました・・・
しかし、JR境港駅って始めてきましたが、駅舎の上に灯台のシンボルとか結構お洒落な駅ですねぇ~・・・
で、ふと横を見ますと・・・

妖怪列車03
妖怪列車?鬼太郎列車?です・・・
私は余り「ゲゲゲの鬼太郎」には詳しくはありませんので、間違いがありましてもご容赦を!!!
ん~最近のJRは、この列車と言い、四万十のフィギュア列車とか結構マニアと言うかヲタクしていますねぇ~・・・
でも、そう言う積極姿勢は嫌いじゃぁ~有りませんよ・・・
最近はリニアとか新幹線とかの高速鉄道ばかりが話題になって、ローカル線は寂れるばかりですからねぇ~・・・
JRも通って居ないド田舎者には、JRが通って居るって言うだけで羨ましい感じです・・・

スポンサーサイト

神在月だぁ~!出雲大社へ行こう!!!・・・しょの3

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

拝殿
第四の鳥居を入りますと、目の前にお馴染みの拝殿がドカァ~ンと・・・
流石にこの時間は参拝客も少ないなぁ~・・・シメシメ・・・
参拝客って神在月をそれほど重要視していないんだなぁ~って思って居ました・・・
まぁ~家族には「朝早く来る必要有ったの?」って言われましたが・・・
そんな事を言われながら、先ずは取り敢えず参拝です!!!
何回来てもこの拝殿や注連縄の大きさは感動的ですねぇ~・・・
カミさんや息子は初めてですが・・・
出雲大社の参拝方法は、二礼、四拍手、一礼なんですが、若い方でも参拝方法を間違わずに参拝していましたねぇ~・・・
若い方でも参拝する時は、キチンと参拝方法を調べて参拝するんですねぇ~・・・
反対にお年寄りでも、間違っている方がいて一寸恥ずかしい思いもしました・・・
しかし、若い女性の方など、神社の本?を持って居て、何処と何処は参拝を済ませたなんて相当調べてきている方も・・・
何だか神社参拝は、年寄り臭いと思っているのは私位で、若い女性の間では結構トレンドになっているのかも???
参拝客も男性より女性の方が多くて、ザッと見渡して2/3は女性でした・・・
まぁ~2/3と言っても老若は有りますが、お年寄りの女性はどういう縁をお願いに来ているんでしょうかねぇ~???
しかし、神社の参拝って完全にお年寄りから若い方の方が多くなってきていますねぇ~・・・
お年寄りはお寺の方にでも行っているんでしょうか???

11月3回目のレッスン・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

ガソリン価格155
最近、ガソリン価格がようやく下がってくれました・・・
下がるのなら、出雲旅行の前に下がってくれたら嬉しかったんですが・・・
やはり円為替が103円位から98円位まで円高に振れているのが影響しているんでしょうか???
しかし、寒く成りはじめてガソリン価格が下がってくれても、灯油価格は下がっていませんねぇ~・・・
灯油価格が下がってくれないのは、寒く成って灯油の需要が増えて居る性でしょうかねぇ~???
我が家でもそろそろファンヒーターを出す算段をしていましたが、灯油価格が下がってくれないので、灯油を買おうか、もう少し先に延ばそうか、此処が思案のしどころですねぇ~・・・
矢張り少しでも安く買いたいのが人情ですし、買ってから下がると何か損をした様な気がしますし・・・
でもガソリン価格と灯油価格って連動していないんですねぇ~・・・
ガソリン価格が下がっても灯油価格は下がりませんが、ガソリン価格が上がると灯油価格も上がりますからねぇ~・・・(笑
灯油価格って何に連動して上下するんでしょうかねぇ~???
同じ原油から作られるはずなんですが・・・
何て思案投げ首ですが、寒い朝に震えながらレッスンへ行って来ました・・・

神在月だぁ~!出雲大社へ行こう!!!・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

御柱御用
松の参道を進んでおりますと「御神苑」という処に何か柱が立っていました・・・
一体何だろう?と思って近寄りますと、相当大きい木の柱が三本鉄の帯で纏められております・・・
これはきっと幻の出雲大社神殿に使われた柱を復元した物に違いないと思いました・・・
しかし立て札には「御柱御用」と書いて有ります・・・
「御柱御用」って一体何なんでしょうかねぇ~???
で、設置されていた説明板を読みますと・・・

御柱御用説明板
どうやら栗林山と言う所で、巨大な杉の木を切って運び出し、川を使って出雲大社近くまで運び出雲大社まで運んで立てたと言う事らしいです・・・
全て昔のやり方で、機械などは使わずにやり遂げたようです・・・
古代に、この木の柱の上に幻の高層神殿を造ったとは物凄い労力だったんでしょうねぇ~・・・
大手建設会社の大林組は、福山博士を監修者としてプロジェクトチームを組み、『金輪御造営差図』に基づく本殿の復元プラン作成を目指しました・・・
建設会社のプロジェクトだけに、構造解析、資材、工法や建設費にいたるまでを検討、それによると、復元した本殿の工期は6年、総作業員数12万6700人、総工事費は121億8600万円にも成るそうです・・・
古代の建築物ってピラミッド等もそうですが、巨大な物が多いのは何故なんでしょうかねぇ~・・・???

神在月だぁ~!出雲大社へ行こう!!!

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

勢溜の正面鳥居
GWの連休には伊勢神宮に参拝しましたが、皆さんは何故出雲大社にお参りしないのか不思議に思われていたかと・・・
実は、神在月に当たる11月に行こうと最初から決めていました・・・
で、先生が文化祭の行事に参加されてレッスンがお休みになりましたから11/16、17で参拝に行く事にしました・・・
でも、日程を決めるのが遅すぎてネットで旅館を探して空室を見付けても相談している内に満室になってしまいます・・・
ようやくの事で旅館が予約出来ましたので、11/16午前1時に出発しました・・・
何故こんなに早く出発するの?って疑問を持たれる方もおいでかと思いますが、10月下旬に出雲大社へ行った写友は、朝普通に出発しお昼前に出雲ICを降りたそうですが、ICを降りてから数時間は動けなかったそうで、参拝にも時間が掛かり、やむなく1拍したそうです・・・
で、何故に神在月に参拝?って思われる方もおいでかと思いますが、全国の神様を稲佐の浜に迎える神迎祭は平成25年11月12日、滞在する神在祭は平成25年11月13・17日・19日、神様が会議をする縁結大祭は平成25年11月17日・19日、神様が去られる神等去出祭は平成25年11月19日・28日だそうで、それぞれで神事があるそうです・・・
なので11/12から11/28までは激混みを覚悟しないと出雲大社へは行けません・・
尤も深夜とかに掛かるので、旅行者では近くに旅館を取らないと見るのも困難ですねぇ~・・・
確かに、これでは出雲大社の近くの旅館やホテルは満杯になるはずです・・・
更に、11/9から松葉ガニが解禁に成るとなると、蟹料理目当ての参拝者も多くなりますし・・・
まぁ~私もこの蟹解禁を楽しみにして居ましたし・・・
でも思わぬ伏兵は高梁SAからの濃霧でした・・・
視界は300m位でしたでしょうか・・・
速度を落として安全運転です・・・
高梁SAでは、駐車している車は殆ど居ませんでしたが、蒜山SAでは満車に近い位、バスや自家用車が停まって仮眠していました・・・
時間調整なんでしょうか?それとも濃霧が薄れるのを待っているんでしょうかねぇ~・・・???
私達は出雲大社の駐車場で仮眠する事にして先を急ぎました・・・

むかぁ~し、むかぁ~し・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

えぇ~、先生が文化祭の行事参加でレッスンがお休みになりました・・・
そこで、先日部屋の断捨離をしていましたら、むかぁ~し、むかぁ~し買ったと思われる変なものを発見しましたので、それをば・・・

外箱
戦艦大和が一応完成しましたので、何とか置く場所を確保しようとクローゼットを整理していましたところ、こんな物を見付けちゃいました・・・
んと、確か「機動警察パトレイバー」だったかと記憶しています・・・
ん~、こう言うロボット物って余り私の趣味じゃぁ~無いんですが、何時どうして買ったのか、よく判りません・・・
息子に聞いても知らないって言いますし・・・
でも、これって確か息子が小さい時に、よく見ていたテレビアニメだった様な・・・
だとすれば、息子にせがまれて買ったけれど、息子は小さかったので組み立てられず、私は余り興味がなかったので組み立てず、そのままクローゼットの肥やしになっていた可能性が・・・
息子は「懐かしいなぁ~・・・」って思い出に浸っているようです・・・
確かに箱は相当古びていますから、大分前の事だろうと思いますが・・・
いつ頃の物だったのかな?って箱をよくよく探しますと・・・

戦艦大和、建造開始・・・しょの6

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

又もや間違って記事を保存する時に「公開」のまま、保存していました・・・
しかも、拍手まで頂き我が身のうかつさに赤面しております・・・
記事を加筆完成させましたので、改めてお読み頂くと幸いです・・・m(_ _)m

上部構造接着
上部構造に機銃が付きましたので、船体に接着しました・・・
しかし、この機銃の多さは異常ですねぇ~・・・
まるでハリネズミって言われても頷ける程です・・・
これだけの機銃が有っても押し寄せる米軍の戦闘機や爆撃機、雷撃機の攻撃をかわせなかったんですねぇ~・・・
「俺たちの大和」ではシールドの無い三連機銃座がクライマックスでの主な舞台でしたから、この辺かな?って思ってみたり・・・
しかし、「俺たちの大和」でも出て来ますが「艦橋が一番狙われるから、艦橋から近いこの銃座も一番狙われるだろう・・・」って台詞が思い起こされる程、艦橋付近には機銃や高射砲が並んでいます・・・
今時のイージス艦なんて、フェーズドアレイレーダーと射撃管制システムで200を超える目標を追尾して、その中の10以上の目標を同時攻撃できる・・・
矢張り現代は、レーダーでの射撃管制とミサイルの時代になっているのかも知れませんねぇ~・・・
大和級の戦艦でもハプーン一発で沈んでしまう時代ですから、大和みたいな大きい戦艦はもう時代遅れになっているのかも知れません・・・
大和が「天一号作戦」で出撃した時でも、既に時代に取り残されて海軍のお荷物に成っていたと書かれている資料もあります・・・
もう攻撃の主体は航空機に取って代わられて居て、アウトレンジからハプーンやトマホークで攻撃するのが主流になっているのかな???

11月2回目のレッスン・・・

Posted by @我楽多 on   6 comments   0 trackback

コスモス12
日曜日は朝から雨模様だったんですが、土曜日は綺麗な晴天でした・・・
偶にはファインピクスも使ってやらないと拗ねちゃわないかと心配して、夕方の散歩にはファインピクスを持ち出しました・・・
チャイと散歩していますと、未だコスモスが残って居ましたので透過光で写してみましたが、太陽を入れちゃうとゴーストが派手に出ちゃいました・・・
やはりこの辺が2.7型コンデジのレンズの限界でしょうか・・・
こう言ったコンデジはコンパクトでポケットに入ったり、軽くて女性でも気軽に持ち出せる小型軽量が身上ですから致し方が無い面もあります・・・
使い方を誤らなければ結構良い映りをしますし・・・
良い子はこう言った写真は撮らない様にね!!!

日曜日は、暖かい朝を迎えましたが、雨の合間にチャイの散歩を済ませようと家を出ましたが、もう少しで自宅って言う処で雨に降られてしまいました・・・
お陰でチャイも私もずぶ濡れでした・・・
日曜日のレッスンは先生が文化祭に参加する関係で、午後からのレッスンに成りました・・・
なので今にも雨が降りそうな空模様ですが、レッスンへ行ってきました・・・

戦艦大和、建造開始・・・しょの3

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

中央甲板仮組
船体が塗装できましたので、前甲板、中央甲板を仮組みして合わない所を探しますが、この大和は金型が優秀なのか本当にピッタリと隙間無く仮組みできました・・・
いやいや・・・
時代は此処まで進んでいるんですねぇ~~・・
私が昔、プラモデルを組んでいた時は、仮組みして隙間を埋めるため合わない所を削ったりパテで埋めるのが常識だったんですが・・・
大和も何隻か造りましたが、中央甲板から前甲板への微妙なカーブの処は何時も隙間が空いて、ビルダー泣かせでした・・・
今回の大和は、この部分は何の修正もなくピッタリとして隙間が有りません・・・
金型を新しくしたって聞いていましたが、此処までピッタリと隙間無く仮組みできたプラモデルは初めてです・・・
で、前甲板と中央甲板を船体に接着しました・・・
これだけ精密に出来ていると、プラモデルを作っているという感覚はありませんねぇ~・・・
しかも、モールドの精密感も作って居てひしひしと伝わってきます・・・
こんなプラモなら造るのが癖になりそうですねぇ~・・・

11月初めてのレッスン・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

曇の海
昨日から低気圧が東に移動していって、秋雨前線を刺激して雨を降らせていました・・・
しかし日曜日の朝、雨が降っていないので海岸まで行きますと、朝日が差していました・・・
ひょっとして水辺線辺りが空いて、朝日が良いかもしれないと予想して海岸まで行きましたが、予想は完全に外れた様です・・・
雲間から斜光が差してくれましたが船も通らず、勿体ないなぁ~って思いながら待っていましたが、漁船の1隻も通ってくれませんでした・・・(涙
ん~折角良いシチュエーションが出来ても主題が通って呉れないと何にも成りません・・・
まぁ~早起きしましたから、帰宅して朝練するにも気持ちが良い気温に成りました・・・
ですから朝練も捗っている様なんですが、どうにも旨く弾けません・・・
何でかなぁ~???って思いながら、不思議に思って練習してレッスンへ行きましたが、先生から指摘されて始めて何故だか判りました・・・
そんな練習課題を忘れて一生懸命練習して、レッスンへ行ってきました・・・

戦艦大和、建造開始・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

今日から11月・・・
もう今年も残すところ2ヶ月に成っちゃいました・・・
ソロソロ忘年会の準備もしなければ行けませんが・・・
ホテルは、食材のミスなのか、擬装なのかは判りませんが、表示と違う食材が使われていた事が報道されていますねぇ~・・・
ザ・リッツ・カールトン・大阪の中華レストラン「香桃」はミシュランで星1つを獲得していますが、そんな名門のレストランでも食材を安い物に換えていたとは・・・
「芝エビ」は小エビの総称と言う言い訳も何か空しく感じますねぇ~・・・
四国でもホテル・クレメント・徳島の和食レストラン「藍彩」では「和風ステーキ膳」のオーストラリア産の牛肉に牛脂が注入されて居たそうです・・・
もう有名だからと言って信用して、高いお金を出して泊まったり、食事に行く必要は無いのかも知れませんねぇ~・・・
まぁ~ミシュランでも騙される位ですから、素人では見抜けないかも知れませんので、こういう処には近寄らない方が良いのかもしれません・・・
町の居酒屋やレストランの方が余程安くて、美味しくて、正直なのかも知れませんねぇ~・・・
まぁ~こう言った高級レストランには縁がありませんが・・・

で、戦艦「大和」建造行程なんですが・・・
船底塗装
もう既に船底を塗ってマスキングテープを外し、次に船体を塗る為の容易をいている状態ですが、船底を塗装しました・・・
結構広い範囲でしたので、スプレー缶で塗装しましたが、船首や船尾でレベルを合わせるのが難しい・・・
船体には水線のケガキ線がモールドされていますが、その通りにマスキングすると船首と船尾で狂って仕舞います・・・
なので、何度もマスキングテープを貼り直して調整しました・・・
その上、スプレー缶での塗装でしたので、船体に色が飛び散らない様、更に新聞紙を継ぎ足してマスキングしてスプレーしました・・・
塗装はムラが出来ない様2回行いましたが、ボテッとした感じにならないか心配しましたが、少し厚目の塗装が反って滑らかな船底らしい曲線を出してくれました・・・
それと、船底の肌の調正が悪くて一部下地の悪さが出てしまいましたが、まぁ~見えない所ですから良しとしましょうか・・・
何分10数年ぶりに作るプラモですので、ちょっと戸惑って仕舞う所もあります・・・
特に塗料は良く攪拌しないと当然ですが色が変わってきますし、薄いと何だか塗料が弾かれる様な感じになって、乗りが悪くて困ります・・・