我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

主基齊田御田植え祭・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

呉旅行記で遅れていました主基齊田御田植え祭の記事でも・・・
まぁ~一寸写真を撮りすぎて整理が大変でしたので、遅れて仕舞いました・・・

幟
綾川町の写友から「主基齊田の御田植え祭が有るから来ないか?」と言うお誘いを受けて、行ってみました・・・
主基齊田の御田植え祭って、どんな経緯で行われるのかサッパリでしたので、写友に聞いてみますと・・・
天皇が即位した年か翌年に初めて収穫された新しいお米を、天照大神や天神地祇(天の神と地の神)を祭る宮中の
『悠紀神殿』と『主基神殿』の両神殿にお供えして、神事の後、天皇がその新米や新酒を召し上がる儀式で、この行事が『大嘗祭』と言うらしい・・・
この儀式に使用する新米を作る田を決めるのですが、この田を『斎田』と言って、斎田は全国から候補地をあげて条件に適った所が選ばれます・・・
『悠紀神殿』と『主基神殿』の斎田を決める儀式が『斎田点定の儀』と言う儀式です・・・
で、この主基齊田の田植えをするのが、主基齊田御田植え祭と言う訳なんですが・・・
「主基齊田御田植え祭」が有ると言う事は「悠紀齊田御田植え祭」も有る訳ですねぇ~・・・
で、「主基齊田」は西日本から、「悠紀齊田」は東日本から選ばれるんだそうです・・・
でも、天皇が新しく即位されていないのに御田植え祭って???
って思って居ましたら、齊田に選ばれたのは1915年に大正天皇が即位された時らしく、香川県綾川町が主基齊田、愛知県が悠紀斎田に選ばれたそうです・・・
で、選ばれた事は大変名誉な事であるので、これを記念して毎年御田植え祭を行っているらしい・・・
なので、主基齊田に近づきますとこんな幟が・・・

スポンサーサイト

本格手打ちさぬきうどん 竜雲・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

本来なら月曜日はピアノのレッスン記を書くんですが、夏休みで娘が孫を連れて帰ってきたり、先生宅も同様で忙しいのでレッスンはお休みになりました・・・
なので、久しぶりにうどんの記事でも・・・
でも、保存するとき間違って「公開」ままで保存しちゃった・・・・
失敗失敗!!!

ガソリン価格155
えぇ~讃岐もついにガソリンが155円/Lに値上がりしました・・・
先々週は152円でしたから、3円の値上がりです・・・
その前は146円でしたから、それから比べると9円の値上がりです・・・
結構急な値上がりでしたから、一寸戸惑っています・・・
これでは余り遠出が出来なくなりましたねぇ~・・・
涼しくなったら式年遷宮の出雲大社へお参りに行こうかと思って居ましたが、其れまでに下がってくれるでしょうかねぇ~???
でも、ガソリンが下がってくれるまで結構持ち出しになりますから、出雲への旅行も少し節約旅行にしないと・・・
ん~どうも庶民は何かが値上がっても、給料が上がる訳でも手当が出る訳でも無いので、その分を何処かで節約しないと・・・
ん~もう既にビールは第三のビールにしていますし、お酒も激安の焼酎にして居ますから、後は何を節約しましょうか・・・???
まぁ~余りに暑いのでクーラーも我慢して扇風機で何とか凌いでいますし・・・
その内、お小遣いまで減らされたらきつくなりますねぇ~・・・
まぁ~愚痴ってもガソリンは下がりませんし、娘も帰ってきましたから美味しいうどんで暑気払いしましょうかねぇ~・・・

三ツ岩(細川義阿の墓)・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

観音様達
えぇ~先に紹介した法然上人杖堀の井戸の階段下で何時もの様に休憩して居ましたが、休憩を終わって会社へ下ろうとして何時も同じ道を通るのは味気ないし、つまらないので全く通った事のない道を下り見ようと、ウロウロして降り口を探して道路を下っていましたら、こんな石像が沢山並んでいました・・・
一寸ギョッとしましたが、何かの遺跡でもあるのかなと車を停めて回りを歩いてみますと、どうも観音様の石像のようです・・・
周囲300m程の小さな山裾の回りに沢山の観音様を彫った石像が沢山置かれています・・・
通りかかった地元の人に聞くと、どうもミニ西国三十三観音だそうです・・・
って事は観音様の石像も33個有るって事なんですねぇ~・・・
まぁ~昼間でも通りかかると一寸気味悪いんですが、夜ともなると怖い感じ通り越しそうですねぇ~・・・???
もう少し草を刈るなどして整備すると、そんな感じもなくなるのに、少し残念な感じがします・・・
少し石像の回りを歩いてみましたが、足下の土が真土なので締まっていなくて歩くと足がズブズブと潜ってしまいます・・・
どうも余りお参りする人は少ないようですねぇ~・・・
確かに草などが茂って歩き難い上に、山裾で道がないのも同様ですから参拝したくても出来ないって感じでしょうか???

東谷農村歌舞伎・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

小屋掛け
えぇ~GWの呉旅行ですっかり忘れて居て、アップし忘れて居た平尾神社の東谷農村歌舞伎「祇園座」です・・・
神社までの道が細く、駐車場も少ないため高松市香川支所に車を置き、無料送迎バスを利用させていただきました・・・
江戸時代から徳島の藍染の出稼ぎにいった若者達が、東谷の平尾神社の祭礼に演じたことから農村歌舞伎が始まり、今では、県無形民俗文化財の団体に指定され多くの企業や団体が応援しているそうです・・・
多くの農村歌舞伎が後継者不足や資金不足で廃止に追いやられている中、苦しくても続けて演じてきた関係者の方々の努力が忍ばれます・・・
農村歌舞伎には、元々観客席に屋根はありませんが、歌舞伎の公演に合わせて臨時の屋根が作られていて、雨の心配も無く全天候で公演できますねぇ~・・・
歌舞伎の舞台小屋も綺麗に修復されていて、古ぼけた感じはありませんねぇ~・・・
と思ったら、平成13年に建てられた舞台小屋だそうです・・・
しかし、農村部などでは若者が農業を嫌って都市部へ出る為、人手不足でこう言った農村歌舞伎を続ける事が非常に困難になって来ています・・・
当然、若者が居ませんから子供もいない訳で、農村歌舞伎に付きものの子供歌舞伎も継続困難になってきています・・・
こう言った行事も大切にしていかないと、その内見られなくなる時代が直ぐ其処に来ているかも知れません・・・
それより農業の後継者が居ないことの方が重要なのかもしれませんが・・・

7月3回目のレッスン・・・

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

ガソリン価格152
最近ガソリン価格が高騰していますねぇ~・・・
此方ではいきなり1Lが146円→152円といきなり6円/Lの値上がりです・・・
ん~アベノミクスで円安になりましたから、その影響でしょうか???
中国などの発展途上国の経済が減速している影響で原油価格は下がっていると思いきや、原油も値上がりしているんですねぇ~・・・
投機マネーが原油を買っているんでしょうかねぇ~???
何だか投機マネーが小麦やトウモロコシなどの食糧も買っているそうですから、これらを主食にしている最貧国は食事もまま成らないそうですし・・・
ユーロ圏などは投機マネーを規制する動きが有るとか・・・
まぁ~私の場合は、撮影の為に遠出がしにくくなったのが困りものです・・・
この時期なら瓶ヶ森にでも行って石鎚と星を回して写したいんですが・・・
そうは言っても、ピアノの練習もありますからねぇ~・・・
まぁ~ガソリン値上げのお陰で結構練習時間が取れましたから、一寸は自信を持ってレッスンへ望めます・・・
そんなちっぽけな自信を持ってレッスンへ行ってきました・・・
あっ!投票はお昼ご飯の後に行ってきました・・・

法然上人杖堀の井戸・・・

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

毎度お馴染みの言葉ですが、お約束で・・・いやぁ~暑い日が続きますねぇ~・・・
って事で、宇多津町でのクールスポットを紹介しましょうかねぇ~・・・
私もちょくちょく利用させて貰っている「法然上人杖堀の井戸」です・・・

標識
国道11号線、鍋谷の交差点を北進して青野山トンネルの方に向かっていると、トンネルの手前にこういう標識があります・・・
最もこれは北側から写して居ますから、画面奥が国道11号線なんですが・・・
ですから国道11号線から来ると左側手前に鋭角で入らないと行けなくなります・・・
鋭角に道路へ入ると1車線の道路が続いて居ます・・・

標識02
一寸汚れて居ますが、こんな案内標識なんですよねぇ~・・・
偶には掃除をしてくれないと何の標識だか判らなくなりそうです・・・
宇多津町側からなら角度的には鈍角なので入りやすいんですが、今度は反対車線を跨がないと行けなくなります・・・
宇多津町側からだと案内標識は右側になりますねぇ~・・・
で、此処さえ見つければ後は1車線の細い道を入ったら、広い広場になっていますから駐車場の心配は要りません・・・
この広場は結構木が茂っていますので、昼間でも木影が沢山有って山から吹き下ろす風が涼しいので、外回りで疲れたら此処で休憩するようにしています・・・
気温が35℃を上回っても、此処なら30℃を切る位で涼しいそよ風も吹いて清々しい所です・・・
まぁ~外回りの隠れた休憩場所に成っていますねぇ~・・・
木陰に車を止めて窓を開けるとエアコンを切っても涼しい風が入りますから、冷たい缶コーヒーでも飲んで喫茶店へ行ったつもりになっています・・・
寝不足になりやすい夏には良い休憩場所ですねぇ~・・・
そう毎日は喫茶店などへ行けるほどリッチじゃぁ~有りませんし、最近はガソリン等の値上がりが激しいので、少しでも節約しておかないと、お小遣いが・・・

7月2回目のレッスン・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

初夏の朝
いやぁ~暑い日が続いていますねぇ~・・・
6月だったら未だエアコンは掛けなくても大丈夫だったんですが、7月に入ると急に暑くなってきましたねぇ~・・・
朝、日の出と共に気温がドンドン上がり始めて、日の出前には25℃位だった気温が、10時頃にはもう30℃を越える勢いです・・・
朝練をするにも、余りにも暑いと集中力が続きません・・・
ですから贅沢なようですが、エアコンを掛けての朝練になります・・・
少ない練習時間を効果的に使おうとすると、どうしても集中して練習する必要が有ります・・・
レッスンの後、先生から教えられた練習ポイントを集中して練習して、土曜日には通して練習し全体のバランスを取ります・・・
そんな練習方法なので、集中力が求められます・・・
きっと他にも良い練習方法が有るのかも知れませんが、今の処この練習方法でゆっくりから始めて段々と早くする練習方法で練習して居ます・・・
海の日も朝から暑い太陽が昇ってきました・・・
朝から汗だくですが、レッスンへ行ってきました・・・

買っちゃった・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

空と雲
毎日暑い日が続きますねぇ~・・・
讃岐ではもう1週間ほども猛暑日の上に熱帯夜が続いて居ます・・・
皆さん、水分補給をして熱中症などにならない様、ご用心です・・・
朝夕以外は余り外で作業などがやり難くなりましたねぇ~・・・
まぁ~ピアノの朝練は、扇風機では暑くて集中力が続きませんので、矢張りエアコン必須になっていますねぇ~・・・
今日は、何時もならピアノのレッスン記の記事を書くんですが、3連休の関係で7/15にレッスン日を変更になりましたから、7/17(水)にアップする事にします・・・
で、今日はどんな記事にしようかと考えて居ましたが、呉旅行の後にすっかり軍艦や護衛艦に塡ってしまい、何か呉へ旅行した思い出に何か軍艦か護衛艦を造ってみようかと・・・
で、色々探しましたところ軍艦や護衛艦などのプラモデルには、どうも1/700と1/350の縮尺が主流の様で、沢山の種類がありました・・・
どちらの縮尺で作ろうかと考えましたが、余り縮尺が大きいとパーツが小さくなりますし、省略された所も多くなって飾るとチャチい感じがして飾る気が失せてしまいます・・・
でも余り大きいと結構なお値段がしますし・・・
でも矢張り大きい方が飾っても見栄えがしますし、本物らしいスケール感がある様なので1/350で探す事にしました・・・
後は護衛艦にするか、潜水艦にするか、戦艦にするか・・・・
護衛艦は結構な種類が出て居て、次々と揃えたくなりフリートが出来そうなのでパスして、潜水艦は飾ると微妙に地味なのでパス、結局戦艦大和にしようかと・・・
でも田宮の1/350大和のプラモデルは呉で見た大和とは違って船尾が細い型になっていますし、各部の考証も誤っているようです・・・
で、適当なモデルが無いか色々探していました・・・

父の日プレゼント・・・

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

姫女苑
田植え頃に成ると可憐な姫女苑が咲き始めますねぇ~・・・
瑞々しい緑の中に咲く可憐な白い花は初夏に相応しい花ともいえますねぇ~・・・
手折って部屋に飾るには小さ過ぎる花ですから、誰も手折ろうとはしません・・・
ですから毎年同じ場所に咲いてくれますし、年々本数が増えて沢山の花を付ける様になります・・・
でも余り蔓延ると草刈り機で狩られてしまいますから、適度な本数で咲いて居ますねぇ~・・・
何故か白い小さな花は飽きが来ない花ですねぇ~・・・
菊の様な、マーガレットの様な花は一般的なのか?それとも同じ種類なのか?結構同じ様な花なんですが、大きさが小さくなるだけで可憐に思えるのは何ででしょう???
春先に咲く春女苑、初夏に咲く姫女苑・・・
調べてみますと、どちらも北アメリカ原産でどちらもキク科ムカシヨモギ属・・・
春女苑はピンクや青の花も咲きますが、姫女苑は白い花だけです・・・
でも、良く似ているだけに花だけで見分けるのは一寸難しい感じですねぇ~・・・
一番の違いは、春女苑の茎葉の基部は耳状にはりだして茎を抱くのに比べ、姫女苑の葉は披針形で先はとがり、基部はしだいに細くなり、茎を抱かないそうです・・・
で、少し遅い話しですが、父の日のプレゼントの記事でも・・・
呉の旅行記で更新する機会が無かったもので・・・

呉旅行しょの19・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

アンコールワットの月(小)
昨日の讃岐は最高気温36℃!、最低気温26℃と猛暑日に加えて熱帯夜が続いて居ます・・・
もうエアコン無しでは寝られませんねぇ~・・・
で、少しは涼しくなる様な平山画伯の絵を(絵はがきですが・・・)紹介します・・・

私が最初に平山画伯の絵に接したのは、こう言う様な月光で照らされた砂漠を行く隊商を描いたものです・・・
↑の絵は同じ様な表現ですが、月光で照らされたアンコールワットを描いた「アンコールワットの月」と題された絵です・・・
砂漠とか遺跡とかが月光で照らされ、輪郭が光って影がボンヤリと砂や水に投影され、実像と虚像とが作り出す良いコントラストが良いと思います・・・
単純なシルエットでアンコールワットと判る描写も好きですし、単純な色使いもスッキリしていて好きですねぇ~・・・
環境的には厳しいであろう砂漠や熱帯雨林ですが、月光で照らされるとこんなに美しいシルエットを見せて暮れるんだと感動します・・・
また砂漠を行く隊商は、厳しい環境の中を旅する訳ですが、悲惨さはなく何か祈りに通じる表現が安らぎを与えていると思います・・・
矢張りご自身が被爆して死ぬ思いをした事が、死を解脱してこのような表現に辿り着いたかと思います・・・
又、ブルーを主体とした描写も実像と虚像では色が違い現実的ですが、それでも受ける印象は抽象とも具象とも言えないふんわりとした感じです・・・
色数が少ない単純な表現ですが、見る方では返って色んな色を足して見るんでしょうかねぇ~???

呉旅行しょの18・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

文字色正門
帰りに寄りたい所と言うのは、しまなみ海道を通った事がなかったので走ってみたいのと、生口島にある「平山郁夫美術館」に立ち寄りたかったんです・・・
「たまゆら」聖地の竹原や映画ロケ地聖地の尾道にも行きたかったんですが、しまなみ海道は松山道にも山陽道にも繋がりが悪く行き難いのでこの機会に行っておこうかと・・・
平山画伯の美術館も各地に有りますが、此処は平山画伯の幼少時のデッサンとかスケッチ、初期の作品が多く展示されています・・・
私は平山画伯の初期の作品が好きですので、是非行きたかった美術館なんです・・・
後期の作品は大分具象に寄りすぎて精密に描いて居ますが、初期の作品の少し抽象的と言いますか、省略された描写が無く成り、見て居る者の想像を少なくしている点が一寸・・・
特に後期の作品は、初期の作品に有ったふんわりとした雰囲気が無くなって、何か鋭さと厳しさが出て来ています・・・
私が最初に平山画伯の絵に接したのは一枚の絵はがきでした・・・
絵が好きな知り合いが生口島から送ってくれた平山美術館で買った絵はがきでした・・・
その時に月に照らされた隊商が砂漠を行く雰囲気に魅せられて、是非一度行ってみたいと思うようになりました・・・
其れで今回、やっと訪れる事が出来ました・・・

呉旅行しょの17・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

昨日、九州から東海に掛けて一気に梅雨明けしたようですねぇ~・・・
昨夜は夜の9時になっても未だ30℃も有る熱帯夜で、とても扇風機では間に合わずエアコン掛けずには寝られませんでした・・・
今からこんな事では先が思いやられますが、今年は1000年猛暑とかで暑くなりそうなんですねぇ~・・・

呉地方総監部正門
やって来ましたのは、海上自衛隊呉地方総監部です・・・
何故こんな処へ来たのかと言いますと、此処は旧海軍呉鎮守府だった所です・・・
見学は毎日曜日に10:00と13:00、15:00からの3回行われています・・・
只、海上自衛隊呉地方総監部は入り口が数箇所有りますが、通常使われている財務省側(北側)の入り口ではなく、呉宮原高校側(東側)の入り口になりますので、お間違いにならないよう・・・
かく言う私を含め数人が間違って本来の入り口に来ていました・・・
多分カーナビで検索するとこちら側へ案内するんでしょうねぇ~・・・(私もそうでした・・・)
で、海上自衛隊呉地方総監部(旧海軍呉鎮守府)はマイナーなのか、余り見学者が多くないのは良いですねぇ~・・・
矢張り入り口の建物で見学の申し込みをします・・・
此方は江田島の様に1枚ごとではなくノートに記入する様になっていました・・・
多分見学者の人数の関係でしょう・・・
此処は見学者が少ない為か、待機用の場所はなく入り口建物の傍で見学開始時間まで待ちます・・・
程なく女性自衛官の方(広報官)が来て見学の注意事項が説明され、見学に出発します・・・
今日の見学者は15人ほどでしょうか・・・

7月初めてのレッスン・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

呉旅行記の途中ですが、一寸レッスン記をば・・・
花菖蒲02
昨日は、午後に遠くで雷様がゴロゴロ言っておいででしたので一雨期待しましたが、全く降りませんでした・・・
もう日差しはきつくて、まるで梅雨明けしたみたいな強さで降り注いできます・・・
折角の菖蒲も咲いて翌日には花が痛んでしまい綺麗な写真が中々撮れません・・・
他に菖蒲が咲いている所へ行きましても、咲き終わった所が殆どで、季節が場所によってこれほど違うのかとビックリさせられます・・・
山間部へ行くとまだ菖蒲が咲いて居ますが、規模が小さくて写真には成りそうも有りません・・・
ジャーマンアイリスなどは、そろそろ咲き始めた所もありますし、咲き終わった所も・・・
ん~結構ジャーマンアイリスは、黄菖蒲の後に咲いて居たんですが、今年はほぼ同時になっていますねぇ~・・・
6月下旬には梅雨寒で最高気温が25℃前後だったのが、7月に入ってから急に日差しが強くなって猛暑日って極端すぎますねぇ~・・・
午前10時で早くも30℃前後になって、今日も猛暑日に成りそうですねぇ~・・・
ここ数日はまるで真夏で、猛暑日が続いて居ます・・・
ピアノの朝練でも、エアコンはともかく扇風機は必須に成っちゃいました・・・
何か湿度が高いので熱中症に成らない様、水分を十分(1日2L位)に取る様って注意が書かれた回覧板が回ってきました・・・
ん~ピアノの朝練でも麦茶を冷やして飲む様にしましょうか・・・
それともスポーツドリンクが良いのかな???
そんな猛暑の中、レッスンへ行ってきました・・・

呉旅行しょの16・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

いやぁ~!すっかり公開したと思っていましたが、忘れて居たようです・・・
シッパイシッパイ・・・
一寸遅れましたが・・・
音戸の瀬戸公園
朝早く船のエンジン音で目が冷めました・・・
どうやら下の海峡を行き来している船が朝早くから航行しているようです・・・
今日も良いお天気のようですねぇ~・・・
早速昨夜撮った場所まで上がって音戸大橋をば・・・
手前の屋根が青い弓型の建物がトイレです・・・
朝早いのにもう既に沢山の車が駐車しています・・・
矢張り朝と夜とでは全く印象が変わりますねぇ~・・・
朝は昨夜買ったカップ麺「UFO大盛り」で朝ご飯にします・・・
先ずはバーナーでお湯を沸かします・・・
息子と二人なので大きいコッヘルに並々と水を入れます・・・
沢山の車が停まっていて、人も結構沢山歩いていますから、カーテンも開けずに朝ご飯を作って食べます・・・
ん~朝早くからこんなに人が集まるとは、一寸誤算でしたねぇ~・・・
昼は仕方が無いにしても朝はもっと静かな所と思っていましたからねぇ~・・・

呉旅行しょの15・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

赤煉瓦倉庫群
「アレイからすこじま」の向かい側にはこんな赤煉瓦造りの倉庫群があります・・・
明治30年代前半に呉海軍造兵廠水雷庫として建造されたものの様ですが、その後電気部関係の工場として使用されたり、空襲を受けたり、戦後は民間の倉庫などに転用されている様です・・・
煉瓦の色が違いますから建てられた年は違うと思いますが、良く今まで壊されずに残って居た物だと思います・・・
まぁ~倉庫なので空襲とかに遭わなければ結構設備更新などが無くて残りやすいのかも知れません・・・
残って居ると言えば・・・

海軍時代のクレーン
「アレイからすこじま」にはこんな物も残って居ました・・・
前回来た時、何気なく古くさいクレーンがあったので、撮っていたんですが・・・
呉の観光情報を調べて居ましたら、このクレーンは海軍時代、潜水艦に魚雷などを積み込んだクレーンなんだそうです・・・
こんな物も空襲で破壊されずに残って居て、結構最近まで使って居た様ですねぇ~・・・
それとも海上自衛隊の予算が不足していて、古い物でも使わざるを得なかったとか???

呉旅行しょの14・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

いやぁ~今朝の雷雨にはビックリしました・・・
一緒に寝て居たチャイも怖がって布団に潜り込んでくる始末・・・
山口県などに相当強い雨が降ったようですねぇ~・・・
被害が無かったか、心配です・・・

アレイからすこじま
江田島の海上自衛隊第1術科学校の見学が終わり、日没まで時間が有ったので「アレイからすこじま」へやって来ました・・・
前回バイクで来た時は、大の大人5人が2時間程ポカーンと潜水艦の入港着岸を見て居ました・・・
今回は夕方だったので入出港は期待出来ませんが、間近に潜水艦が見える貴重な場所です・・・
護衛艦は他の港でも見る事が出来ますが、潜水艦って余り見る機会も有りませんからねぇ~・・・
でも護衛艦も何隻か着岸しているようですねぇ~・・・
20年位前に来た時は、看板もありませんでしたし、ベンチや植え込みもない只の歩道だったんですが、前回来た時には既に整備されていましたが・・・
歩道の路面もお洒落な煉瓦になっていたり、お洒落なベンチや大砲を模したオブジェとかが設置されていたり、街灯も味も素っ気もない蛍光灯からお洒落な街灯に変わっていたりと、その変貌振りには目を見張ります・・・
昔は、知る人ぞ知る隠れた名所だったんですが、メジャーになってしまいましたねぇ~・・・
此処の近くには駐車場がありませんので、広くなった路側帯へ車を停めて見学しました・・・
なんちゃって号はこんな時、広い路側帯の中に収まりますから交通の邪魔には成らず車体の小ささを生かせるので便利ですねぇ~・・・
此処まで綺麗にしてくれるのなら、近くに有料でも良いので駐車場を作ってくれるとか、路側帯にパーキングメーターを付けてくれると安心して見る事が出来るんですが・・・
見学に来る人も結構居るようですから、呉市も考えて欲しい処ですねぇ~・・・
向かいにあるコンビニを利用して其処の駐車場に停めるって手も有りますが、駐車場も狭いので時間が長くなるとお店に迷惑に成っちゃいますしねぇ~・・・

呉旅行しょの13・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

チャイまったり02
梅雨入りしても最近まで梅雨寒で扇風機さえ必要がない日が続いていました・・・
でも朝でもチャイと散歩に出ると帰ってから暫くハァ~ハァ~して居ますので、人間さえ使わなかった扇風機を掛けてやると、扇風機の前で涼んでいました・・・
まぁ~毛皮を着ていますから人間より暑さに敏感なんだなぁ~って思っていました・・・
しかし7月に入ってから30℃の真夏日になり、梅雨らしい蒸し暑い日に成ってきました・・・
チャイのハァ~ハァ~も更に激しくなってきましたので、そろそろサマーカットを考えないといけないなぁ~・・・
一昨年、トリマーさんから毛替え時期には熱いシャワーか蒸しタオルを当てると毛替えが促進されるそうですし、毛替え時期を目安ににシャンプーアンドカットをすると抜け毛が減って良いそうです・・・
って事でカミさんにチャイのシャンプーアンドカットを頼みました・・・
でも昨年の事があるので、耳の飾り毛は絶対に切らない様きつく言っておきましたが、どう成りますやら・・・

サマーカット07
仕事から帰ってみると「矢張り!」です・・・
顔は変わっていませんから正面から見ると余り判りませんが、身体の方は昨年並みに短くなっていました・・・
カミさんに聞くと昨年は3ミリだったので今年は5ミリのバリカンにしたそうです・・・
ん~そんな問題とは違う気がしますが・・・
まぁ~チャイも2周りほど小さくなった感じで、一寸キョトォ~ンとして居ますねぇ~・・・
小さくて情けなくなってしまったチャイですが、秋になれば何とか毛も伸びて元のチャイになってくれるでしょう・・・
其れより、呉旅行の続きを・・・

呉旅行しょの12

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

黄菖蒲
長々と呉旅行記を続けていたら、今日はもう半夏生・・・
黄菖蒲が咲く季節になりました・・・
黄色に合う色と言えば青か緑なんですが、綺麗な新緑が黄菖蒲の近くに無くて黄色と緑の組み合わせはボツに成りました・・・
残るは青ですが、思い付くのは夜明け前の青を写す水面ですが、生憎の梅雨空で中々晴れて風のない日に恵まれません・・・・
で、やっと晴れて風のない日に出会えて撮れたのがこの写真です・・・
中々フイルムでは色温度が判りませんので、何段か露出を変えて撮った一枚です・・・
何しろ毎日通いますから、出来るだけ近い池を選びましたが、水面に映った木の陰が賛否を呼ぶ所でしょうねぇ~・・・
まぁ~空がもう少し雲が出て芸をしてくれるかと期待もしましたが、中々そうは問屋が卸してくれません・・・
一寸不満が残る結果になりました・・・
しかし、油断していると庭のアナベルが咲き出し、買ってきたブルーベリーが実を付け出したり、父の日があったり・・・
色々な記事が後に控えて居ます・・・
何処まで続きますか、呉旅行の続きをば・・・

呉旅行しょの11

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

今日から七月に入りました・・・
もう2013年も半分が終わった事になりますねぇ~・・・
今日の讃岐地方は、久し振りに朝から良く晴れて、まるで夏が来たみたいです・・・
でも週末には雨の予報が得ていますから、梅雨の中休みなんでしょうねぇ~・・・
本来なら今日はピアノのレッスン記の記事なんですが、日曜日は私の差し歯が抜けて歯医者へ行く都合からお休みにして頂きました・・・
呉旅行記をこのままのペースで書き続けていたら、その内他の記事を書いても季節がずれちゃいそうですねぇ~・・・
しかし、それほど今回の呉旅行は密度が濃かったと言う事です・・・
でも、早めに終わらせた方が良さそうですねぇ~・・・
ならば土日を除く日に呉旅行記を毎日更新しましょうかねぇ~・・・
と言う訳でしつこく続いて居る呉旅行の続きをば・・・

第1術科学校正門
「てつのくじら館」を出たのが午後2時でした・・・
急げば江田島の第1術科学校の見学時間(15:00~)に間に合いそうです・・・
カーナビで検索すると第1術科学校まで45分と出ましたので、早速行く事にしました・・・
海上自衛隊第1術科学校は旧海軍兵学校です・・・
アメリカのアナポリス海軍、イギリスのダートマスと合わせて3大海軍兵学校と呼ばれています・・・
現在では 幹部候補生学校や 砲術/航海/通信/潜水などの知識や技能を習得させるための学校となっています・・・
呉港からフェリーで行くとバスに接続している様でフェリーが20分、バスが5分程で合計25分程で行けて速くて楽なんですが、時間表を印刷し忘れ出港時間が判りませんでした・・・
フェリーは1便逃がすと次の便まで相当時間が掛かり、見学時間に間に合わなく成る危険があるので、道路でぐるっと回って行っても時間に間に合う様ですから時間が読める道路で行く事にしました・・・
GWなので混むかな?って思いましたが、結構スイスイと走れて第1術科学校へ着いたのが14:40でした・・・
早速、門前で見学に来た旨伝えると、車を駐車場へ入れて門の所の建物で見学申し込みをして下さいとの事・・・
もう、赤煉瓦造りの建物が見えますねぇ~・・・
門の所の建物で見学申込書に住所・氏名・入所時間等を書いて係の人に渡すと、見学者と書かれたバッジを渡されました・・・
見学者バッチを胸に付けると、建物を指さし「江田島クラブの中で出発時間まで待っていて下さい」との事でした・・
意外だったのは、私のような年配者ばかりが来ているのかと思いきや、結構若い家族連れも沢山来ている事でした・・・
私は身内(と言っても伯父)が海軍兵学校出身で、色々聞かされていましたから一度来たかったという事がありましたが、若い人はどういう動機で来ているんでしょうかねぇ~???