我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

呉旅行しょの10・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

あきしおセイル
いよいよ本日のハイライト!「てつのくじら館」メインイベントの「あきしお」が見えてきました・・・
船体から少し庇が張り出した様になっている所が出口の様ですねぇ~・・・
長い行列が続いていますので、GW中は見学をスムーズにするため艦内は撮影禁止に成って居るとのアナウンスです・・・
しかし、此処まで近くで見ると、窓から見るだけでも相当でかいのが判ります・・・
色とでかさから連想されるのか、正に「てつのくじら」その物ですねぇ~・・・
白く塗られていたら「モビーディック」そのものでしょう・・・(笑
高さ7~8mは有ろうかという「あきしお」のセイルも見えますし、潜望鏡やアンテナなども見えてきました・・・
しかし、潜水艦って艦名を表示していないんですねぇ~・・・
手がかりになる艦番号さえも有りません・・・
本来なら「あきしお」は艦種記号の潜水艦を表すSSに艦番号579が付けられSS-579が表示されているはずなんですが・・・
海上自衛隊の艦艇には、艦種記号と艦番号、艦名が明記されていて、潜水艦も以前は表記されていたそうですが、行動の秘匿性を保つ為、現在では建造中は表記されていますが就役後に消去されるんだそうです・・・
艦内区画はうずしお型とほぼ同じ5区画ですが、船体後部が延長されたので見かけ上のセイル位置がやや前進しているそうです・・・
船体後部延長によって、艦内容積にやや余裕が生まれ居住性が改善されましたが、居住性は先にご覧になったとおりです・・・
初めて5翼ハイスキュード・スクリューを採用して回転数が減少したほか、プレーリー・マスカー遮音装置を装備し、新型の電池を装備したことにより航続力は若干改善した様です・・・
「ゆうしお」型潜水艦の7番艦として「あきしお」は、1986年(昭和61年)に就役し、2004年(平成16年)3月に用途廃止となり、2007年(平成19年)から海上自衛隊呉史料館に展示されているそうです・・・

スポンサーサイト

呉旅行しょの9・・・

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

科員居住区
前回だったかな?に書いた科員居住区の再現展示です・・・
ベッドとベッドの間の高さはほぼ60センチくらいしかありません・・・
山小屋の三段ベッドより高さがありませんねぇ~・・・
寝台列車の2等寝台の方がまだ2段ですし布団ですから豪華な感じがしますねぇ~・・・
こんな狭い空間で生活しながら、どれくらいの期間、航海に出るんでしょうか???
「どうぞ体験して下さい」って掲示されていましたので試して見ましたが、殆どの人はベッドに入る時も出る時も頭を打つ事必須です・・・
実際に試していた人で子供以外全員が頭を打って居ましたし・・・
ベッドの傍にベッドへの出入りの仕方が掲示されていますから、良く読んでから体験した方が宜しいかと・・・
親切にベッドの入り方が掲示されているんですが、誰も読まないんですねぇ~・・・
ベッドに置かれているのは、布団ではなく封筒型の寝袋ですねぇ~・・・
どうやって干すんでしょう???
昔の潜水艦内は狭かったので乗組員数の2/3しかベッドがなかったそうです・・・
潜水艦は3当直制を取っていますので、1/3は当直に付いて居ますから要らないんだそうですが、他の乗組員が寝て居た寝袋に寝るのは湿っていて一寸気持ちが悪い気がします・・・
現在はどうなっているんでしょうかねぇ~???
こんな狭いベッドで寝ながら長期の航海中、3直勤務をしているんですねぇ~・・・
しかも、狭い艦内に大勢の乗組員が居ますし潜水中は換気が出来ませんから艦内温度が相当上がります・・・
原潜なら電気が豊富に使えますからエアコンディションされて居ますが、電池で潜行中の動力を賄うディーゼル潜水艦ではどうなんでしょうかねぇ~???
こんな狭い艦内では、オナラ一発でも顰蹙を買いそうですねぇ~・・・

6月4回目のレッスン・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

ヤマボウシ
台風4号が四国に接近してくれたお陰か、水不足が心配されていた讃岐にも警報が出るほどの雨が降りました・・・
台風4号で被害を受けられた方にはお見舞い申し上げます・・・
台風が来る前は、早明浦ダムの貯水率も下がり、溜め池も田植えが出来るかどうか心配され、水不足で晩生米の田植えが出来るかどうか心配されていました・・・
しかし、台風の雨で早明浦ダムの貯水率も65%から78.7%まで回復して、県内の溜め池もほぼ満杯になり、お百姓さんは水の心配をすることなく田植えを始める事が出来ました・・・
心なしか庭木も元気を取り戻して生き生きとしてきているように感じます・・・
空気も今まで湿気が少なく朝夕は肌寒かったんですが、梅雨らしくジメジメした湿気を感じ朝夕も蒸し暑くなって来ました・・・
矢張り梅雨入り宣言が少し早かったんでしょうかねぇ~・・・???
例年より少し遅い梅雨入りだったような感じですが、このお天気がお米の味にどう影響するんでしょうかねぇ~???
早生米は既に平年より高い気温ですくすくと育っていますし、晩生米も田植えが少し遅くなりましたが、水の心配も無い様ですから順調に育つでしょうから、今から新米を食べるのが楽しみになります・・・
日曜日は梅雨らしく曇り空で梅雨寒でしたが、レッスンへ行ってきました・・・

呉旅行しょの8・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

現在の潜水艦カットモデル小
てつのくじら館1階は海上自衛隊の歴史、2階は掃海艇、3階が潜水艦が展示されています・・・
でも「てつのくじら館」という名前からも、展示されている退役潜水艦「あきしお」からも潜水艦が主役なのは明らかでしょう・・・
潜水艦は、どこの国でも最高機密とされていますから、なかなか一般人が艦中や水面下を見る機会に恵まれませんし、触ることなど殆ど許されない軍艦なんですよねぇ~・・・
従って、この展示されているカット模型でも信用してはいけません・・・
機密性の高い箇所は省略されていたり、旧型に変更されていたり、他の物に変更されていたりしますから、よぉ~く眉に唾を付けて見ないと・・・(笑
現代の潜水艦は水中速力と航続力を稼ぐ為に水中抵抗の少ない涙滴型か葉巻型に成って居ます・・・
また、発令所が前方に配置され、後部魚雷発射管は省略され、推進軸は静粛性を重視して1軸が採用されています・・・
後部の魚雷発射管は回避時に追尾する敵艦(水上艦)に対する反撃用が主だったようですが、実際に使われた実績が無く命中も期待出来なかったので、廃止になったようです・・・
潜水艦では、右舷側に航法関係の機器が備え付けられていて「ナビゲーション・セクション」、左舷側に潜水関係の機器が壁一面に据付けられているので「ダイビング・セクション」と呼ばれています・・・
このカットモデルでは差し支えの少ない「ナビゲーション・セクション」を公開しています・・・
このモデルでは隠されていますが、船首部分はソナーと魚雷発射管が配置されていますので、此処を見るとその潜水艦の攻撃力がほぼ判ると言われています・・・
又、ソナーの配置と方式、数量、大きさに寄っては魚雷発射管が進行方向を向ける事が出来ず、扇形に配置される事も有ったそうですが、ホーミング魚雷が主流の現在では余り欠点には成らなかったでしょうねぇ~・・・
この潜水艦では潜望鏡が船殻貫通型になっていますが、最新式の潜水艦では潜行深度を稼ぐため船殻強度を重視して船殻非貫通式の潜望鏡になっている様ですが・・・
その方が潜望鏡をコンパクトに出来ますし夜間でも暗視装置が使えますからねぇ~・・・

呉旅行しょの7・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

やっと梅雨らしい雨空になりました・・・
お百姓さんもこの雨空を利用して田植えに励んで居ます・・・
でも台風4号が接近して、梅雨前線を刺激して大雨になるかも知れないとテレビでは警戒を呼びかけています・・・
被害がない程度に降ってくれれば良いんですが・・・

潜水艦模型船首
てつのくじら館を2階から奥へ進んで居ますと、いつの間にか3階に来ていました・・・
目の前には潜水艦のカットモデルが展示されています・・・
潜水艦って結構機密の固まりみたいな船で、こんな仕様が判るようなカットモデルは展示しないのが普通なんですが、古い潜水艦なので大丈夫なんでしょうねぇ~・・・
船首の形から大戦中か戦後直ぐの潜水艦のようです・・・
最近の潜水艦はこんな船首をしておらず、水中速力を主眼に置いていますから水滴型の船形になっていますねぇ~・・・
私の乏しい知識では、船首の形や排水口の位置、魚雷発射管が片舷3門合計6門などの特徴から、大戦中にアメリカ海軍主力潜水艦のガトー級潜水艦のようですねぇ~・・・
ガトー級潜水艦は、排水量1825トンで伊号潜水艦1500トンよりやや大型の潜水艦です・・・
水上速力はガトー級潜水艦が20.75ノットで伊号潜水艦の水上速力23ノットより少し劣って居ます・・・
最大潜航深度は伊号が100mに比べガトー級は試験深度90mです・・・(Wikiより)
潜航中の速度はどちらも最大で8ノットぐらいですが、潜航最大船速では30分ほどでバッテリーが上がってしまうそうで、実際には4ノットぐらいでしか走れなかったそうです・・・
なぜ、ガトー級潜水艦のカットモデルが此処に展示されているのか考えてみますと、戦後にアメリカから自衛隊に供与されたガトー級潜水艦で海上自衛隊初の潜水艦「くろしお」のカットモデルなのかも知れませんねぇ~・・・

6月3回目のレッスン・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

アナベル
「一雨欲しいなぁ~」って話しをしていましたら、土曜日には結構強い横殴りの雨になり、大雨洪水注意報まで出てしまいました・・・
庭のアナベルもやっと降った慈雨で嬉しそうに咲いて居ました・・・
庭の花たちは雨が降らないので花の色が悪かったり、咲きが悪かったり、花が少なかったりしています・・・
でも、フルーツトマトやミニトマト、キュウリ、茄子、大葉、ネギなどはタップリ水をやって元気に実を付けています・・・
しかし、ブルーベリーや杏の木は今年植えたばかりなので、この空梅雨と暑さで根付きが悪く成るんじゃぁ~無いかと心配しています・・・
雨のお陰で日曜日には溜め池も満杯になって、土曜夜から水路へもオーバーフローの水が結構勢いよく流れていました・・・
その為、田圃への水が豊富に供給されて、水を待っていた田圃も日曜日の朝早くからトラクターを出して代掻きに忙しくしていました・・・
晩生の稲も、もう直ぐ田植えの時期を迎えて、日曜日の晴れを利用して苗の準備や田植機の整備など、農家の人も田植えの準備に忙しく動き回っていました・・・
代掻きをしたからって直ぐに田植えが出来る訳ではなく、色々準備が必要な様です・・・
田植えが終わるとそろそろウシガエルが出て来て「ぐぇ~、ぐぇ~・・・」と五月蠅く鳴き始めるでしょうねぇ~・・・
でも、家の回りの田圃に水が入ると暑い日でも日が沈むと吹く風が涼しくなって助かります・・・
農家が田植えの準備で忙しくして居る日曜日ですが、レッスンへ行ってきました・・・

呉旅行しょの6・・・

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

台風が逸れたら梅雨が明けたような空になって、連日30℃越の真夏日で暑いのなんの・・・
お百姓さんは晩生の田植えなんですが、田圃に水を入れても田圃の土がカラカラに乾いていて中々土に水が回らず、次の田圃に水を入れるのが遅れて下の田圃ほど田植えの目処が立たず困っているそうですねぇ~・・・
雨が降らず池の水も田植えに必要な水を賄いきれるか不安が出て来ているそうです・・・
一雨欲しい処ですねぇ~・・・
んじゃぁ~、空梅雨の不安は有りますが呉旅行の続きをば・・・

外観
呉ゆめタウンで食事を終えて、サービスカウンターで駐車券に無料時間をセットして貰いました・・・
「てつのくじら館」は、まるで呉ゆめタウンの敷地内に有るって言っても良いような感じで本物の潜水艦がドカァ~ンと置かれています・・・
退役したディーゼル潜水艦「あきしお」です・・・!!!
これほど目立つファサードは無いでしょうねぇ~・・・
これだけでかくて重い潜水艦を良く此処まで持って来れたものですねぇ~!!!
この潜水艦の存在感は他を圧倒しています!!!
でも、この潜水艦にしては異質で小さすぎるスクリューが付けられています・・・
矢張り、幾ら退役した潜水艦と言ってもスクリューだけは公開できない機密になっているんでしょうねぇ~・・・
しかしそれでも、この外観は大和ミュージアムも適わないでしょうねぇ~・・・
潜水艦の下が入り口になっているようですので、早速入館しますか・・・
てつのくじら館は海上自衛隊の広報施設ですから入館無料なんです!!!

大和ミュージアム、呉ゆめタウン、てつのくじら館はそれぞれの欠点を補っているような三位一体の構成に成って居ますねぇ~・・・
大和ミュージアムやてつのくじら館には食事をする所がありません・・・
大和ミュージアムは駐車場が少なかったり、てつのくじら館には駐車場すら有りません・・・
其れを補っているのが呉ゆめタウンでしょうねぇ~・・・
大和ミュージアムでまともに見学しようとすると3時間半以上は掛かります・・・
朝9時の開館直後に入っても見学が終わるのは12時半を過ぎます・・・
食事で一番近いのは呉ゆめタウンで、大和ミュージアムとは歩道橋で繋がっていますし、てつのくじら館は呉ゆめタウンの敷地に隣接しています・・・
呉ゆめタウンは食事やお土産を買う人が増えて、駐車場も有料ですから損はせずお互いに補完し合って良い事だらけですねぇ~・・・

呉旅行しょの5・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

魚雷など
呉の歴史展示室も全ては紹介しきれませんが、これ位にして次の大型資料展示室へやって来ました・・・
入り口を入りますと目の前には魚雷の推進部分が・・・
しかも当時の本物らしいんですが、主要部分が見えるようにカットされた物の様ですねぇ~・・・
一見すると錆びて腐って壊れて居るように見えますが本物のカットモデルのようです・・・
九三式魚雷は、それまでの魚雷の欠点であった射程距離の不足、航跡発生の問題を解決するため、圧縮空気でなく酸素を酸化剤として燃料と混合して燃焼させ、炭酸ガスを排気します・・・
炭酸ガスは海水に良く溶けるため、航跡が殆ど出ない利点があり隠密性が大きく前進したそうです・・・
又、燃焼効率も大きく上がったので高速化し、それに伴って航続力も長く成ったそうです・・・
魚雷に使用する酸化剤を、酸素にすることで利点が多くなることは広く知られていました・・・
しかし酸素の反応性の高さから、燃焼開始時などに簡単に爆発するという技術上の問題点が立ち塞がっていました・・・
各国は酸素魚雷の開発に力を入れていましたが、頻発する爆発事故で開発を断念していました・・・
しかし日本も酸素魚雷を実用化したものの整備性は良好とはいえず、爆発を防ぐためには充分なメンテナンスが必要でした・・・
奥に見える魚雷は九三式魚雷を小型化した九五式魚雷です・・・

6月2回目のレッスン・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

ユスラ梅
何時もなら入梅前後に実を付けるユスラ梅が、空梅雨で雨が降らないのに実を付けました・・・
このユスラ梅は植えた覚えが無いのに我が家の庭にいつの間にか居着いたものです・・・
フレッシュな緑と真っ赤な実のコントラストが初夏らしい色合いを見せて、梅雨の鬱陶しさを和らげてくれます・・・
しかし、梅雨なのに雨が降らないので晩生の田植えは少しも早くならないし、梅雨らしい写真も撮れていません・・・
実は梅雨らしくするには、スプレーで水滴を掛ければ結構それらしくなりますが、一番の敵は強すぎる太陽です・・・
梅雨なのに晴れて太陽光線が強いので、幾らスプレーで水滴を付けても梅雨らしい写真に成りません・・・
やはり梅雨独特のドンヨリしたフラットな雨空の光線が一番の「梅雨らしさ」を演出してくれるんでしょうねぇ~・・・
まぁ~ユスラ梅の実も雨が降らないので結構甘くて何時も有る酸味が殆ど有りません・・・
余りに甘いので、結構鳥が来ていてついばんでいます・・・
まるで人間と鳥がユスラウメの実が熟れるのを取る競争をして居るみたいです・・・
でも、空梅雨と言っても何時もなら今日くらいが梅雨入りの時期なので、そろそろ梅雨らしい雨が降ってくれるだろうと期待しています・・・
まぁ~お百姓さんも余り心配して居なそうですので心配ないんでしょう・・・
そんな空梅雨の日曜日ですが、レッスンへ行ってきました・・・

呉旅行しょの4・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

戦艦長門模型
そろそろ大和ひろばを離れて呉の歴史展示室へ移動しましょうかねぇ~・・・
色々明治からの軍艦の模型が展示されていますが、結構マイナーなので割愛して・・・
戦艦長門です・・・
長門型戦艦の一番艦として大正9年に完成しました・・・
41センチの主砲と26.5ノットの速度を誇る高速戦艦です・・・
2番艦の「陸奥」と共に各国海軍から注目され、大艦巨砲主義最盛期の列強海軍の建艦競争にワシントン海軍軍縮条約による一定の歯止めを与えるきっかけとなったのが、この艦です・・・
でも矢張り今から見ると船首の形状等には古さを感じますねぇ~・・・
大和と比べると船体の幅の狭さがよく判ると思います・・・
矢張り少ない馬力で高速を出そうとすると船体幅が狭くなりますねぇ~・・・
この時代でも主要区画には水線下の防護としてバルジが付いていますねぇ~・・・
こんな古い時代からバルジは有ったんですねぇ~・・・
しかし、対空砲火の少なさや舷側の副砲などを見ると軍艦の装備も時代によって変わっているんだなぁ~って思います・・・
主砲も大和などの3連装と違って、未だ2連装ですねぇ~・・・
ん~珍しく水線から上の事にも目が行っていますねぇ~・・・
模型の前にあるのは実際に使われていた薬缶とか軍艦旗だそうです・・・
大和型戦艦が極秘だったこともあり、戦前と戦中には長門・陸奥こそが日本海軍を代表する戦艦として国民から親しまれ、太平洋戦争開戦後の1942年2月までは連合艦隊旗艦として連合艦隊司令長官 山本五十六大将が座乗していたそうです・・・

呉旅行しょの3・・・

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

今朝、テレビの報道で観音寺市の宝くじ売り場でロト7の8億円の当選が2本出たという事で持ちきりでした・・・
恐らく同一人物が1等当選の番号を2口分買ったと思われるそうです・・・
一人で16億円って金額が多すぎて実感が湧きませんねぇ~・・・
良い所、1億円か2億円が一番実感が湧きますねぇ~・・・
1等を出した宝くじ売り場の「観音寺チャンスセンター」には、四国中から買いに来る人が殺到して大騒ぎになっているみたいですねぇ~・・・
まぁ~幸運は何処に転がっているか判らないと言う事で、呉旅行の続きをば・・・

艦橋02
どうも船を見るとどうしても水線下の船形に興味が行ってしまい水線から上を見て居無い事が私の悪い点ですねぇ~・・・
で、改めて水線から上に目をやると巨大な艦橋が有ります・・・
一体何階建てなんでしょうか???
資料によると13層の塔型艦橋が採用され水面から約40mの高さがあったそうです・・・
又、中甲板から第1艦橋まで 4人乗りのエレベーターが設置されていたそうで、軍艦なのにエレベーターって凄いですねぇ~・・・
「男達の大和」のロケでは、尾道市向島の日立造船所に大和の前甲板の実物大セットを造りましたが、艦橋だけは高層建築になるので法規上造れなかったそうです・・・
ですので制作する事が出来なかった艦橋が写る映画のシーンでは、この大和の模型と合成して居るそうです・・・
従って、この模型は戦艦大和として「男達の大和」にも出演して居るって訳なんです・・・
大和の模型の大きさも映画用に本物に見える精密さを求めた結果なんでしょうか???
この大和の模型の大きさは半端ではなく、1階フロアを掘り下げて其処へ台座で設置し、1階フロアレベルがほぼ喫水線で、2階天井までの吹き抜けに成って居る大和ひろばに設置されている事からもお解りかと思います・・・
なので、大きさと共にその精密さも半端ではなく、「天1号作戦」に向けて強化された対空砲火も模型とは思えない位の精密さでカメラでアップにしても実物と見間違うほどです・・・
戦艦は艦橋が1番狙われるそうなので、艦橋付近に1番対空砲火が集中しているんだそうです・・・
艦橋はその艦を指揮する艦長や艦隊全部を指揮をする司令官など高級士官が居ますし艦の中枢ですから、当然のように狙われるんでしょうねぇ~・・・
普通の映画ならこの艦橋にいる艦長とか艦隊司令官とかの偉いさんを中心に話が進んでいくんですが、「男達の大和」では艦橋付近の対空砲銃座に配置された兵隊が話しの中心になっています・・・
「男達の大和」に共感できるのは、艦長や司令官を中心にせず一介の兵士にスポットが当たって居る事でしょうかねぇ~・・・
この画像ではよく判りませんが、空中線の張り方も小さな碍子?やターンバックルまで精密に造られています・・・
また、空中線とロープ、支持用のワイヤーとの区別もきちんとされていますねぇ~・・・
最上部の世界最大とも言われる測距儀やレーダーのアンテナも映画に写る為にもの凄く精密な作りに成っています・・・
で、艦橋付近のデッキを見て居ると何か異質な物が・・・

6月初めてのレッスン・・・

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

輝く葦
早くも梅雨に入って、しかも梅雨に中休みって、未だ6月の2日なんですが・・・
例年なら6月末とかに中休みになると思うんですが・・・
梅雨の中休みって結構晴れたり曇ったりが忙しいって言いますか・・・
晴れたと思ったら直ぐ曇ったり、暫く曇って居たらいきなり日差しが出たりと目まぐるしく変わりますねぇ~・・・
大体、夜明から午前中くらいは天候が安定していて、太陽が天候を変えるほどの日照が有っても天候が変わってくるのは暫く遅れて午後って言うのが定番ですねぇ~・・・
まぁ~中休みでも雲が薄くてまばらなのかも知れませんが、いきなり日差しが出て来て露出が目まぐるしく変わります・・・
しかし、梅雨の中休みになって気温が下がって上着が必要になったり、少しカメラを持って動くと上着が要らないくらいに汗を掻いたり・・・
朝は15℃位に下がって肌寒い位で、お昼も25度くらいまでしか上がってくれません・・・
3~4日前の30度近い気温は一体何だったんでしょうねぇ~???
しかし、朝練には丁度良い気温なので練習も捗ります・・・
そんな梅雨の中休みにレッスンへ行ってきました・・・