我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

映画「アマルフィ 女神の報酬」・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

表紙
先週の土曜日に「アマルフィ 女神の報酬」を見にワーナーマイカルへ・・・
実は18~20の3連休にも突撃したんですが、雨のためか映画を見る人の余りの多さにあえなく撃沈したのでリベンジです・・・
午前中はピアノの練習をして、午後香川屋で掛け大の饂飩で腹ごしらえをしての参戦です・・・
まぁ~Tポイントカードの切り替えもあったし、雨が降っているんで見に来る人が多いと見込んでの早めの出撃でしたが・・・
現実にはポイントカードの切り替えもチケットの購入も余裕で出来ました・・・
時間が余ったのでジャスコのワイン売り場で安ワインを漁ってからワナ-マイカルへ特攻です・・・

スポンサーサイト

46番、48番克服・・・

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

バイエル03
今日は朝から雨だったのでレッスンに行く前の2時間練習しました・・・
何時もはハノン・バイエルを1時間ほどしか練習しませんが、今日は特別です・・・
そのお陰かどうか46番・48番に○が貰えました・・・(喜
46番は8部・8部・8部・8部・4部・2部と8部・8部・8部・8部・4部・4部というリズムの取り方が難しく、出来たと思ってもメトロノームと合わせるとずれていたり・・・
1小節全部8部を急ぎすぎでリズムの取り方が難しかったりしただけに○を貰えると本当に嬉しい!!!

46番でつまずいたぁ~・・・

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

バイエルつまずき
日曜日にレッスンに行ったら、47番は○くれたけど46番は「左手リズムが不安定」と言う事で○にならず・・・orz
左手4分の分散和音、右手♪♪♪♪四分音符、2分音符の処で、分散和音の3番目と4番目の間のリズムが崩れるみたい・・・
どうも先生は左手パートを重点的にチェックしているみたいだ・・・
弾く方はどうしても右手パートのリズムやレガートに気が行って、どうもそこら辺が疎かになっていたみたいです・・・

剣岳点の記・・・

Posted by @我楽多 on   6 comments   0 trackback

表紙
6ワンダーフリーで無料鑑賞券を貰ったので「剣岳点の記」を見てきました・・・
山岳部だった学生時代には新田次郎の全著書を読みあさったものです・・・(全部文庫本でしたが・・・
剣岳は学生時代に馬場島→早月尾根から登りました・・・
単にお金がなかったのでお金が掛かる室堂からは登れなかっただけなんですが・・・
社会人になったら室堂乗越から登ってやろうと思っていましたが、果たしていません・・・
いつかはあの室堂ホテルに泊まって写真を撮ろうと思って居ますが・・・

オタマジャクシに尻尾が生えたぁ~・・・

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

バイエル
4月にバイエルを初めて、此処まで来ましたが・・・
昨日レッスンに行って今までの曲に○をもらって次をめくると8分音符の始まりでした・・・
うお!オタマジャクシに尻尾が生えてる!!!
どうやって弾くんだぁ~これ!!!
まぁ~先生がタン・タ・タとかタ・タ・タンとかタ・タ・タ・タとか口で教えてくれましたが・・・
今の先生はリズムにメチャ厳しいと言うか、正確さを要求されるのでこれからが難題です・・・
まずは8分音符の練習と45番の練習ですが、リズムが馴染んでいないので難しい・・・

あじさいの里・・・

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

紫陽花05
7/5に四国中央市にある「あじさいの里」へ行ってきました・・・
午前中は上司のお葬式があったので、お昼からの出撃です・・・
本当は雨が降っている午前中にいきたかったんですが・・・

現地に到着すると雨はすっかり上がって暑いくらいでした・・・
此処は山間の谷間にありますし、標高も高いのでこの時期でも花が残っています・・・
でも流石に半日陰を好む紫陽花に今年の空梅雨は日差しが強すぎたようで、かなりの花が枯れていました・・・
と言っても大半の花は綺麗なままですので、光線状態は悪いもののちょこっと撮影を・・・
やはりこう晴れてしまうと輝度差が激しいので気を遣います・・・

真夏のオリオン・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

表紙
ワ-ナーマイカルで「真夏のオリオン」という映画を見てきました・・・
潜水艦の映画は「眼下の敵」を見て、駆逐艦と潜水艦の艦長の頭脳戦が結構好きなんです・・・
相手はこう来るだろうと読んで、その裏をかく、いやこうくると見せかけてこう行くだろう・・・
などとお互いがもてる経験と頭脳を駆使して敵を倒すという所が魅力なんです・・・
でも見始めて何か「ローレライ」の構成と似ているなぁ~と思っていましたが、監修・脚色は福井晴敏さんで同じだった・・・
似ているはずだ・・・
しかし「64年を経て届いた1枚の楽譜」というコピーで「見てみたい!」と思った・・・