我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

今度の代車はキャスト・・・しょの4

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

前から
最近は軽自動車と言えども自動ブレーキが付いて居ます・・・
こう言う安全装置は有難いですねぇ~・・・
このキャストには赤外線レーダーとカメラによる自動ブレーキが付いて居ます・・・
一番最初に紹介した画像ですが、グリル中央のエンブレムの右下に四角い物が有りますが、此れが赤外線レーダーだそうです・・・
主に人間などの生物が出す赤外線を感知してブレーキを働かせるようです・・・
霧などで視界が悪い時には非常に助かりますねぇ~・・・
しかし、ダイハツも軽自動車に赤外線レーダーを付けたのはキャストが最初なんでは???
普通車でも赤外線レーダーが搭載されて歩行者を検知できる車は少ないと思いますが・・・
軽自動車に此処まで安全装置を充実させるとは、ダイハツの本気度が良く分かります・・・

スポンサーサイト

JNP第15回写真展開催・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   6 comments   0 trackback

作品微調整
作品を掛け終わると、全体を見て作品の傾きや間隔、高さなどを微調整していきます・・・
作品は縦位置と横位置が有りますから、寸法通りに吊り下げても感覚的に違和感が有るところが出て来ます・・・
其処を見付けて僅かに調整して行くわけですが、此れが中々難しい・・・
私は専ら先輩の指示で作品を調整する役です・・・
作品が水平だと思っても、少し離れてみると左右どちらかが僅かに上下して居る事が有ります・・・
その辺は近くでもピタリと水平を出す人も居てビックリします・・・
上下調整でもフックのロックボタンが違う仕様のが有って、ロックが外れないので困りましたがロックボタンを回してロックを外してから押し下げてフックを上下させるものも・・・
いやぁ~これが意外と重労働で暖房も入って居ないのに汗だくです・・・

JNP第15回写真展開催・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   4 comments   0 trackback

案内ハガキ
準備を進めて居ました写真展が、3/14から善通寺美術館で開催の運びとなりました・・・
作品は29名が一人2点ずつ合計58点が出品されます・・・
善通寺美術館では3/14から3/19までで、その後3/20から3/26まで高松文化会館での開催となります・・・
指導会員の高橋 毅氏の作品も展示されます・・・
会員でも相当数の方がデジタルカメラに移行しましたが、それでもまだフイルムカメラでの作品も数点あり、被写体で使い分けています・・・
それでは写真展の準備風景でもご紹介しましょうか・・・

マウントアダプター・・・しょの5

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

300ミリf4・5
昔使って居た300ミリF4.5です・・・
このレンズは、私がダルマ夕日を撮りたいと思いボーナスや毎月のお小遣いをコツコツと貯めてやっと買ったレンズです・・・
鳥を撮る人たちは100万円以上する300ミリF2.8を買って居ましたが、私にはそんな買い物は無理でした・・・
まぁ~お陰で鳥を撮る事は出来ませんので、高価な機材を買い揃える事は有りませんでしたが・・・
鳥を撮るのを諦めた訳ですが、ダルマ夕日は1年の内ほんの2~3か月しか出て来ませんし、天候の具合で撮る事が出来ない日も有りますから、撮影チャンスは1月に数回しか有りません・・・
夕日は結構明るいのでF4.5有れば十分でしたが、何分にも焦点距離が足りませんでしたので、トリミングで凌いで居ました・・・
このレンズで夕日撮影の時のゴーストの隠し方を練習出来た懐かしいレンズです・・・
勿論フレアも結構出ますから、ハレ切りの仕方もこのレンズで練習できました・・・
しかし、このレンズを手放せなかったのはF5やF100が有っただけでは無くて・・・

マウントアダプター・・・しょの4

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

50ミリf1・4
私がNikonF2を買ったときに一緒に買った50ミリF1.4です・・・
当初はこのレンズしか有りませんでしたから、このレンズでせっせと子供を撮りまくって居ました・・・
未だストロボなんて買えないので、昼間に室内撮りもしていましたが、F値が明るいので暗い室内でも何とか撮れました・・・
このレンズで撮ったモノクロの写真パネルは、まだ部屋に飾って居ます・・・
当時はカラー写真が主流でしたが、まだまだフイルムも高価でしたし、大伸ばしなどとても手が出ませんでした・・・
この頃は、サラリーが安いので現像から焼き付けまで自分でするのは当然でしたし、フイルムもトライXやネオパンSなどの長巻を買ってきてパトローネに巻き込んで小分けするなど全部自分でやって居ました・・・
勿論板パネルへの貼り付けも自分でやりましたが、未だに綺麗に残って居ます・・・
まぁ~モノクロですが、子供の四つ切りプリントがアルバムに有ることが珍しかった時代です・・・
この頃、頼まれて親戚の写真を沢山撮って伸ばしまくって居ました・・・
お陰でそのお礼でレンズを1本買う事が出来ました・・・
しかし、この頃のレンズは、正に資産と言う感じでしたが、今のレンズは何だか安っぽくて消耗品と言う感じに成って成って居ますねぇ~・・・
昔のレンズは金属とガラスで高級感も有りましたが、今のレンズはプラスティックでも作られていて何だか安っぽく感じます・・・
まぁ~昔のレンズはお陰で無駄に重かったんですが、今のレンズは結構軽くできて居て、何方が良いのかは好みに成って来ましたねぇ~・・・