我楽多写楽

写真道楽の我楽多が日常の徒然を書いてみます・・・

ナカンダ浜からの瀬戸大橋・・・しょの3

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback


この状態でピントを固定して待っていましたが、この時間には余り船が通って呉れません・・・
マリンライナーも30分に1本の時間に成ったのかな???
でも風が涼しく成って快適なんですが、どうやら蚊が出て来たようでブンブン五月蠅くて困ります・・・
こんな早い時期から蚊が出るとは思って居ませんでしたから、電気蚊取りは持って来て居ません・・・
でもまぁ~長袖ですから何とか凌がないと仕方が有りません・・・
しかし折角のライトアップで海面の反射が綺麗なのに生簀が有って海面が画面に入れられないのは残念な気がします・・・
この構図も少し面白くないので変えてみようかと思います・・・
と言いますのも、ピントは橋の照明に合わせれば、何とかピントが合わせられると思ったからなんですが・・・

スポンサーサイト

ナカンダ浜からの瀬戸大橋・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

ハマダイコンと瀬戸大橋11
更にハマダイコンが沢山咲いている場所へ移動して色々探ってみました・・・
でも、もう少しカメラを上げた方が海が沢山は行って良かったかもしれませんねぇ~・・・
橋桁に少し下に黒いブイが写ってしまいました・・・
ハマダイコンの花で隠したつもりだったんですが、風で花が少し動いてしまったようですねぇ~・・・
しかし白いハマダイコンの花と白っぽい橋桁とでは余りインパクトが出ませんねぇ~・・・
出来ればもう少し色的にインパクトが欲しい所です・・・
その上、この構図は夜には使えそうに有りません・・・
時間が有りますから、もう少し探してみましょうか・・・

ナカンダ浜からの瀬戸大橋・・・しょの1

Posted by @我楽多 on   2 comments   0 trackback

瀬戸大橋05
5/6の事ですが、この日は瀬戸大橋がライトアップされる日ですので、星と一緒に撮ってやろうとロケハンがてら来てみました・・・
この日はお天気も快晴で雲一つありません・・・
でもまぁ~天気予報ではお天気が下り坂なんですよねぇ~・・・
取り敢えずは夜閉鎖される瀬戸大橋公園から南備讃大橋を撮って置きました・・・
丁度南備讃大橋の下を自動車運搬船が潜って行きました・・・
此処からの夜景も可成り良いと思いますが、何分夜間は閉鎖されてしまいますから夜間撮影は冬以外は無理ですねぇ~・・・
陽がそろそろ西に傾きかけています・・・
まだまだ空は雲一つなく、このまま快晴が続いて呉れたら良いんですが・・・
この調子なら星も撮影出来そうですねぇ~・・・
でもナカンダ浜にハマダイコンが咲いたと言う写友からの情報が有りますから、此れからナカンダ浜へ移動します・・・

徳島県で山菜採り・・・

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

わらび
親戚の裏山の元畑にはワラビが沢山生えています・・・
最近はワラビを収穫して道の駅に出荷して居るそうです・・・
山で腐葉土や枯れた茅を取って来て畑に撒いて居るそうです・・・
道理でワラビも鉛筆くらいまでと太った大きなワラビが沢山取れました・・・
ワラビを畑に生やすにはワラビシダと言うシダの葉っぱを腐葉土や枯れた茅を撒いた畑に置いて置くと胞子が落ちてワラビが生えるそうです・・・
意外と簡単なんですねぇ~・・・いる
親戚のワラビ畑は、元水田ですから水やりも簡単で乾燥すると畑周囲に作って居る溝に水を流して冠水して居るそうです・・・
草は春先のワラビが出る前に一度刈るだけで、後はほったらかしだそうです・・・
意外とこういう方法で耕作放棄地を無くすことが出来そうですねぇ~・・・

カタクリ撮影・・・しょの2

Posted by @我楽多 on   0 comments   0 trackback

カタクリ04
余り布団代わりの枯れた茅を少し退かしますと、カタクリの全景が良く分かります・・・
でもお布団を剝ぐっちゃうと夜の冷え込みで枯れちゃわないかと心配に成り、この後枯れた茅は元に戻しました・・・
成るべくカタクリ周辺の環境は変えたくなかったので、この後は撮影に邪魔でも出来るだけそのままにして撮影しました・・・
山の妖精の様なカタクリを出来るだけ増やしたいので、暫くは撮影も最小限にしておきたいと思います・・・
北国などでは林で当たり前に育つカタクリですが、温国では太陽光が余り当たらない山間部の北斜面でしか育ちませんから自然と生育環境には気を使います・・・
まぁ~岡山県でも山間部の北斜面に生育して居ますから、徳島県の北斜面でも生育する理屈ですが・・・
でも岡山県は結構山が深いんですが、此処はそんなに山深い所では無いのが心配の種です・・・
しかしこう言う心配を他所にカタクリはしっかりと群生地を広げて呉れていますから、彼らの生命力に託した方が良いのかもしれません・・・